企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2014年 > 7月


News Release 東日本電信電話株式会社

2014年7月28日

光アクセスサービスの小型ONUの開発及び提供について
〜実装デバイスの普及に向けてインタフェース仕様を開示〜

  • NTT東日本は、様々な端末に一体化・内蔵が可能な光アクセスサービスの小型ONUの開発を進めており、小型ONUの実装可能なデバイスが広く普及するようインタフェース仕様を広く開示してまいります。
  • これにより、お客様にとってのサービス・端末の選択肢が広がるとともに、光の更なる利用シーンの拡大を期待しております。

1.概要

NTT東日本は、事業者様・端末メーカ様からの、光につながる独自のデバイスを開発したい、様々なデバイスを光につなげたいというご要望に応えるため、各デバイスに一体化・内蔵が可能な小型ONU※1の開発を進めています。このたび、本ONUを実装可能なデバイスを多くの事業者様・端末メーカ様に開発していただけるよう、インタフェース仕様を開示します。

これにより、近い将来お客様にとってのサービス・端末の選択肢が広がっていくとともに、光の更なる利用シーンの拡大を期待しております。

期待される利用シーンについては、【別紙1】期待される利用シーンをご参照ください。

  • ※1ONU(回線終端装置)

2.主なインタフェース仕様

通信機器に接続する光トランシーバの規格として広く普及している「SFP+」インタフェース※2を採用し、容易に各デバイスと脱着可能としてまいります。

主なインタフェース仕様については、【別紙2】主なインタフェース仕様をご参照ください。

  • ※2SFP+(Small Form factor Pluggable +)光ファイバーを通信機器に接続する光トランシーバの業界標準規格

3.提供開始予定日

2015年6月

4.インタフェース仕様等に関するお問い合わせ

弊社HPからお問い合わせください。

5.今後の予定

より詳細な条件等が確定し次第、弊社HPにて公表いたします。

詳細なインタフェース仕様等の開示については、2014年8月を予定しております。

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。