企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2014年 > 6月


2014年6月16日
日本航空株式会社
東日本電信電話株式会社

(共同リリース)

JALとNTT東日本の訪日外国人観光客向け無料Wi-Fiサービスに関する提携について

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木 義晴、以下「JAL」)と、東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山村 雅之、以下「NTT東日本」)は、訪日需要の創出ならびに訪日外国人観光客の利便性向上に向けて、2014年6月下旬より、JAL海外地区ホームページ(世界26地域、日本語を除く11言語)※1において、NTT東日本の「光ステーション」※2で利用できる無料Wi-FiサービスのIDとパスワードの提供を開始します。航空会社がNTT東日本と提携してIDとパスワードをオンライン上で提供する、初めての取り組みになります。

JALとNTT東日本は、一人でも多くの海外のお客さまを日本にお迎えする事で、日本の「観光立国」実現に貢献すべく、新たな挑戦を続けてまいります。

1.目的

図1 FREE Wi-Fiマーク

総務省の調査によれば、訪日外国人観光客の約5割が無料Wi-Fiの利用を希望しており※3、現在、空港や駅、コンビニエンスストアなどでは無料公衆無線LAN環境の整備が進んでいます。今回の提携では、JALが持つ訪日外国人観光客との接点と、NTT東日本が東日本エリア※4約46,000カ所(2014年5月31日時点)で提供している外国人短期滞在者向け無料Wi-Fiサービスを連携させ、利便性の向上による更なる利用促進を図ることとしました。

無料Wi-Fiサービスによって旅行者の満足度が向上し、訪日外国人需要を創出できることを期待しています。

2.企画概要

海外発日本行きJAL便航空券を購入されたお客さまに対し、JAL海外地区ホームページにて、NTT東日本が提供する公衆無線LANアクセスポイントサービス「光ステーション」に14日間無料で接続可能なIDとパスワードを提供します。従来、訪日外国人観光客向け無料Wi-Fiサービスをご利用いただくためには、訪日後、接続用のIDとパスワードを記載した「ID/PASSカード」の配布場所である観光案内所などに足を運んでいただく必要がありましたが、オンラインでIDとパスワードを取得できることで、より便利に無料Wi-Fiサービスをご利用いただくことができるようになります※5

3.提供開始時期

2014年6月下旬(システム準備ができ次第、順次展開する予定です)

4.利用方法

IDとパスワードの取得方法
JAL海外地区ホームページTOPの「NTT EAST free Wi-Fi」バナーをクリックすると、取得方法の説明画面が表示されます。画面の案内に従って操作し、IDとパスワードを取得します。

図2 JAL海外地区ホームページ TOPページ(英語版)

無料Wi-Fiサービス利用方法及び利用可能エリア
利用方法および利用可能エリアは「NTT East Free Wi-Fi Japan」サイト(http://flets.com/freewifi/新規ウィンドウで開く)をご覧下さい。
  • ※1JAL海外地区ホームページとは、海外地区発のお客さま向けのJALポータルサイトです。
  • ※2「光ステーション」とは、NTT東日本が提供する、店舗・施設等のオーナーさま向け公衆無線LANアクセスポイントサービスです。詳細はサイト(http://flets.com/hikaristation/新規ウィンドウで開く)をご覧ください。
  • ※3出典:「総務省 国内と諸外国における公衆無線LANの提供状況及び訪日外国人観光客のICTサービスに関するニーズの調査研究インターネットアンケート調査結果」より(2014年3月27日)
  • ※4新潟県、長野県、山梨県、神奈川県以東の17都道県です。
  • ※5訪日外国人観光客向け無料Wi-Fiサービスをご利用いただくには、IDとパスワードの入力に加え、メールアドレスの登録が必要になります。

対象エリア:北海道、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、新潟図3 東日本エリア

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。