企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2012年 > 1月


News Release 東日本電信電話株式会社

平成24年1月30日

帰宅困難者対策訓練における安否確認や通信手段確保のツールの体験利用について

NTT東日本は、平成24年2月3日(金)に東京都が実施する帰宅困難者対策訓練に合わせて、多くの方々に安否確認や通信手段確保のツールを体験利用していただくことを目的として、「災害用伝言ダイヤル(171)」及び「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」の運用、特設公衆電話の設置、公衆無線LANエリアの開放を実施します。

災害等の発生によって通信手段が確保しにくい状況においても、家族、親戚、友人の方々とのスムーズな安否確認や、迅速な情報入手ができるよう、予め安否確認や通信手段確保のツールの利用方法を把握しておくことが重要です。今回の東京都が実施する帰宅困難者対策訓練が各ツールの利用方法を知っていただくための良い機会と捉え、体験利用の環境を提供させていただくことといたしました。

1.「災害用伝言ダイヤル(171)」、及び「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」の運用について

災害等の発生によって連絡がとりにくい場合、家族、親戚、友人などの安否情報をより確実に確認できる手段として提供、運用している「災害用伝言ダイヤル(171)」及び「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」を、以下の通り運用します。

  • (1)運用期間:平成24年2月2日(木)0:00〜2月5日(日)23:30
  • (2)キーとできる電話番号:全国の市外局番から始まる電話番号
  • (3)伝言録音・再生可能地域:日本全国
  • *詳細は【別紙1】参照
  • *「災害用伝言ダイヤル(171)」はNTTコミュニケーションズが提供するサービスですが、実際の災害発生時には、災害の発生地域等に応じて、NTT東日本およびNTT西日本がそれぞれ運用します。
  • *「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」は、NTT東日本およびNTT西日本が提供・運用します。

2.特設公衆電話の設置について

災害時など通信がつながりにくくなると想定される状況において、通信手段の確保のため、NTT東日本が設置する特設公衆電話の体験利用の環境を、以下の通り提供します。

  • (1)提供日時:平成24年2月3日(金)10:00〜17:00
  • (2)設置場所:帰宅困難者対策訓練の会場周辺(東京駅周辺、新宿駅周辺、池袋駅周辺)

3.公衆無線LANスポットの無料開放について

お手持ちのスマートフォン等Wi-Fi対応端末を利用してインターネットにアクセスし、「web171」による安否確認や、その他インターネット上のサービスを利用した情報収集を体験していただけるように、公衆無線LANサービスを以下の通り無料開放します。

(1)開放日時 平成24年2月3日(金)10:00〜17:00
(2)開放エリア 東京駅、新宿駅、池袋駅を中心としたエリアで、現在NTT東日本の「フレッツ・スポット」をご利用可能な飲食店・商業施設等の一部(約1,100店舗)※1
  • *公衆無線LANサービスの開放は、各店舗施設およびエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社の協力のもと実施します。

(3)ご利用方法

  • (1)お持ちのWi-Fi対応端末の無線LAN接続手順に従って、SSID※2「wifine」または「7SPOT」に接続ください。※3
  • (2)ご利用のWi-Fi対応端末のブラウザを起動し、専用のページで「利用上の注意」をご確認・ご同意いただき、「利用する」をクリックください。
  • (3)「インターネットに接続されました」と表示されましたら、以降最大30分間のインターネット利用が可能です。
  • ※1セブン&アイグループの店舗では、「フレッツ・スポット」とセブン&アイグループが提供している「セブンスポット」を利用することができますが、今回は「セブンスポット」を開放します。
  • ※2無線の混信を防ぐためのグループ名です。端末によっては「ESS-ID」、「ネットワーク名」などと表記されていることがあります。
  • ※3セブン&アイグループの店舗では「7SPOT」、それ以外の店舗、商業施設、駅等では「wifine」で無料インターネット接続することができます。

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。