企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2010年 > 8月


News Release 東日本電信電話株式会社

平成22年8月25日

住まいにおける“光”の利用シーンを訴求したショールーム
「光HOUSE(ひかりハウス)」のオープンについて

  • NTT東日本は、光サービスの「先進性」「利便性」「安全性」の理解促進を目的に、平成22年8月26日(木)より、東京・新宿区に、住まいや暮らしの中での光サービスの最新利用シーンを体験・実感できるショールーム「光HOUSE」をオープンします。
  • 光サービスの導入を検討されているお客様などに、実際のサービスや機器に触れていただきながら分かりやすくご説明いたします。
  • ハウスメーカー様やデベロッパ様、マンションオーナー様・理事会様などに向けたセミナーや勉強会を開館日・休館日を問わず承ります。
    ぜひ、ご利用ください。

1.概要

(1) 名称 光HOUSE
(2) 場所 東京都新宿区西新宿1-22-14 NTT西新宿ビル 1階
<新宿駅西口・南口より徒歩5分>
(3) 開館時間

<平日>11:00〜18:30
<土日休日>10:00〜17:30
(休館日:毎週水曜日※1、年末年始)

  • ※1水曜日が休日の場合は開館します。
(4) 専用サイト http://flets.com/hikarihouse/新規ウィンドウで開く
(5) オープン日時 平成22年8月26日(木) 11:00

2.展示内容等

5つのゾーンから構成され、NTT東日本の光サービスや光サービス上で活用されるテレビ・パソコン等の家電機器を展示し、光サービスの「先進性」「利便性」「安全性」を「見て」「触って」体感いただけます。

  1. (1)エントランスゾーン

    受付及び光HOUSEの概要を説明いたします。

  2. (2)光のコンセプトゾーン

    光ファイバーをモチーフとした「光のトンネル」の中に映し出されるイメージ映像により、光ファイバー上で流れる映像や音楽などの情報を表現し、フレッツ光を支える先進的な技術を直感的に体感できます。

  3. (3)光のリビングゾーン
    光の設備コーナー

    フレッツ光のご利用に必要な機器や配管など、設備の実物を展示し、また、集合住宅や戸建住宅におけるフレッツ光の施工方法の一例を紹介しているため、NTT東日本の技術やノウハウを体感できます。

    光の体感コーナー

    生活のシーンにあわせて、光サービスや光サービス上で活用されるテレビ・パソコン等の家電機器を展示しております。

    1. <1>ファミリールーム

      リビング、ダイニング、キッチンといったコミュニケーションスペースに、光のあるこだわりの生活空間を再現し、光が実現する「快適」「安心」を体感できます。

    2. <2>キッズルーム

      お子様の成長に合わせて、その時々にふさわしいITリテラシーを育み、学習サイトで学んだり、ネットワークゲームを楽しんだり、フレッツ光がお子様の生活を豊かにすることを体感できます。

    3. <3>シニアルーム

      簡単に使いこなすことができる様々な情報機器により実現する、シニアの充実した新しいセカンドライフスタイルを再現しています。地域の情報を確認したり、かわいい孫の写真を受け取ったり、光のある住まいが距離を越えて家族の心をつなぐことを体感できます。

    4. <4>一人暮らしルーム

      自分らしさを大切に、自立した生活を送りスマートなライフスタイルを再現し、無線LANを利用して家でも外でも同じようなネット環境を実現できることを体感できます。

  4. (4)光のイベントゾーン

    各種セミナー・イベントを開催することで、より多くの方々にNTT東日本の光サービスをご理解いただく機会を創出します。

  5. (5)光のコンサルティングゾーン

    専門のコンサルタントがネットワークからテレビ・パソコンなどの機器や配線方法に至るまで、分かりやすくお客様の要望に合わせた最適プランを提案いたします。

3.ご利用方法

予約不要で自由に来館いただけます。ただし、団体(10名程度以上)での来館を希望される場合は、以下の問い合わせ先まで事前にご連絡をお願いいたします。

4.問い合わせ先

0800-800-6304(フリーアクセス)

受付時間

<平日>11:00〜18:30
<土日休日>10:00〜17:30

(水曜日※2、年末年始を除く)

  • ※2水曜日が休日の場合は受付いたします。

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。