企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2010年 > 8月


(報道発表資料)

平成22年8月10日
福島県南会津町
福島県三春町
福島県
東日本電信電話株式会社

光ファイバ網を利用した遠隔健康管理に関する実証実験について

1.概要

福島県南会津町(町長 大宅 宗吉、以下南会津町)、福島県三春町(町長 鈴木 義孝、以下三春町)、福島県(知事 佐藤雄平)及び東日本電信電話株式会社福島支店(福島県福島市 支店長 澁谷直樹、以下NTT東日本福島支店)は、「光ファイバ網活用による地域課題解決検討事業」(※1)に係る実証実験を実施することとし、本年6月に実証実験に関わる協定を締結し、8月12日(木)より実証実験を本格開始することとなりました。

本実証実験では、南会津町及び三春町が整備した光ファイバ網を活用した新たな行政サービスの創出を目指して、住民に対する健康・福祉・医療サービスの充実及び住民生活の向上を図るための実験を実施し、その効果について検証を行います。

2.実証実験の内容

本実証実験では、南会津町・三春町の住民を対象に、テレビ電話を利用した遠隔健康管理・相談を実施します。実験に参加する住民へは「歩数計」を配布し、併せて各集会所等に設置する「体重計」「血圧計」から得られるバイタルデータ(※2)を、健康管理システムのサーバに登録可能とします。これらのデータを活用し、町の保健師が、登録された住民のバイタルデータを確認しながら、リアルタイムで遠隔の住民に対してテレビ電話を利用した保健指導・健康相談を行います。なお、利用するテレビ電話で住民のバイタルデータを共有表示することで、住民に対して分かり易い保健指導・健康相談が行えることが期待されています。

また、本実証実験では「共同利用方式」を採用し、各町がシステムを共同利用することが可能となり、小規模な試行運用を経た町全体への本格運用まで、段階を踏んだサービスの導入が容易となりました。

3.今後の展開・期待される効果

今後は、実施地区の拡大、住民宅へのバイタル機器の設置を検討し、より多くの住民に対して、利便性の高い遠隔保健指導・健康相談を行い、町内住民の健康増進を図ることにより、増加する医療費の抑止を目指していきます。また、地元の医療機関との連携による本システムを利用した遠隔診察の実施についても検討し、医療サービスの充実についても目指していきます。

4.役割

  1. (1)南会津町、三春町
    新たな行政サービスの創出を目指し、地域住民と連携・協力し主体的に本実証実験を遂行する。
  2. (2)福島県
    南会津町、三春町とNTT東日本福島支店の意見・要望の調整及び必要となる情報提供、関係機関等の連絡調整を図る。
  3. (3)NTT東日本福島支店
    実証実験に必要となる機材・設備の提供及び日々のシステム運用、各種機材の操作説明等の対処等を実施し、実証実験の円滑な運用をサポートする。

5.実証実験スケジュール(機器・システム利用期間)

  1. (1)南会津町:平成22年7月27日〜平成23年3月31日
  2. (2)三春町:平成22年7月23日〜平成22年10月31日(予定)
    なお、サーバへのバイタルデータの登録は、平成22年8月12日(木)からを予定しております。
  • ※1光ファイバ網活用による地域課題解決検討事業:平成21年度から福島県が市町村や電気通信事業者等とともに情報通信基盤の利活用策を検討している事業
  • ※2バイタルデータ:人体等の生存徴候を示す「体重」「血圧」等の数値

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。