企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2010年 > 6月


報道発表資料

平成22年6月2日
アイチケット株式会社
東日本電信電話株式会社

アイチケットとNTT東日本によるクリニック・医院への光ブロードバンドを活用したトータルソリューションの提供へ向けた協業について〜「アイチケットonフレッツ光」の展開について〜

アイチケット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉井浩一、以下「アイチケット」)と、東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:江部努、以下「NTT東日本」)は、クリニックや医院に対する光ブロードバンドを活用したトータルソリューションの提供における協業の開始に合意いたしました。

協業開始に伴い、アイチケットが提供するインターネット順番予約サービス「iTICKET plus」※1とNTT東日本が提供する光ブロードバンドサービス「フレッツ光」※2等を組み合わせ、「アイチケットonフレッツ光」というブランド名で提案・販売していきます。

  • ※1ご利用にはアイチケットのセンターサーバーと接続する通信回線が必要となります。
  • ※2NTT東日本が提供する「フレッツ光ネクスト」および「Bフレッツ」の総称。

1.協業に至った背景

現在全国で約10万件あるクリニックや医院は年々増加傾向にありますが、同時に廃業数も増加しており、これまで以上に患者様のニーズに応えていくことが求められています。※3また、患者様のニーズとして最も多いのは「電話・インターネット等による初診・再診予約」と言われております。※4

そのような中、アイチケットはインターネット診療予約サービスシェア国内No.1※5として、パソコンや携帯電話を活用した、クリニックや医院へ行かなくても診察の「順番予約」や「待ち順番状況の確認」ができる、インターネット順番予約サービス「iTICKET plus」を平成19年5月より提供しており、現在全国約1,000件※6のクリニックや医院等でご利用いただいております。また、アイチケットではシステムの遠隔操作や常時接続での状態監視など、サポート面にも力を入れており、お客様に満足していただけるよう、より信頼性の高いネットワークの採用を検討しておりました。

一方、NTT東日本はこれまで、クリニックや医院を含む中堅中小企業のお客様向けに、光ブロードバンドサービス「フレッツ光」による快適なインターネット利用に加えて、ビジネスホン等による業務の効率化、「ひかり電話」等による通信コストの削減などの経営の効率化に貢献できるサービスとともに、面倒な契約更新手続き無しでコンピュータウイルス等からお客様のネットワークを守る「フレッツ・ウイルスクリア」によるセキュリティの強化を提案してまいりました。今後はこれらのサービスに加え、患者様のニーズに応えるソリューションを組み合わせることで、よりお客様の満足度の高い提案をしていきたいと考えておりました。

こうした背景の下、両社のサービスと販売チャネルを活用することで、クリニック・医院に対しトータルソリューションの提供が可能となり、業務及び経営の効率化や安心・安全のためのセキュリティの向上、更に集患・増患のための患者様の満足度の向上等の付加価値を提供できることから、今回の協業に至りました。

  • ※3出典 厚生労働省 平成20年実施医療施設動態調査
    参考URL http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/79-1a.html新規ウィンドウで開く
  • ※4出典 MEDICAL LEPIOS「総合病院患者ニーズアンケート」平成16年実施
    「外来通院をして、サービス・設備であったらいいなと思うもの」のアンケート結果より
    参考URL http://www.med-lepios.jp/contents/2007/05/post_62.html新規ウィンドウで開く
  • ※52008年矢野経済研究所調査
  • ※6「iTICKET plus」の前身のサービスである「iTicket各種製品」(平成15年7月提供開始)の導入件数を含みます

2.協業の内容

(1)「アイチケットonフレッツ光」の展開

「アイチケットonフレッツ光」をコ・ブランド※7とし、アイチケットが提供する「iTICKET plus」とNTT東日本が提供する「フレッツ光」等を組み合わせクリニックや医院に提案することにより、両社のサービスの普及拡大を図っていきます。

  • ※7複数の企業が有するブランドを組み合わせた共同ブランド。
特徴
  • 「iTICKET plus」を利用した事前の順番予約による待ち時間の短縮や、待合室の映像配信によるイライラの解消等、患者様の満足度向上
  • 「フレッツ光」を利用した安定的なシステムの状態監視と高品質な映像配信
  • 「ひかり電話」等を利用した通信コストの節減
  • 「フレッツ・ウイルスクリア」を利用した手間の少ないセキュリティ対策
  • ビジネスホン「Netcommunity SYSTEM αNXシリーズ」の「ソフトフォン」(テレビ電話機能)を利用した待合室の見守りや音声メール機能の利用
提供料金
  • 「iTICKET plus」
    • 初期費用:522,900円(税込)※8
    • 月額費用:15,015円(税込)
    • ※8パソコンやモニターなどのハードウェア機器の費用は含まれておりません。
  • 「フレッツ光」
    • 月額費用:5,460円(税込)※9
    • 料金の詳細については、以下のURLをご参照ください。
      【NTT東日本】Flet's.comホームページURL http://flets.com/first/index.html新規ウィンドウで開く
    • ※9「フレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ」(戸建て向け)をご利用の場合の金額。「iTICKET plus」のご利用にはインターネット接続が必要なため、「フレッツ光」の契約に加え、プロバイダとの契約が必要です。(別途月額利用料等がかかります。)
  • 「ひかり電話」、「フレッツ・ウイルスクリア」、「ビジネスホン(Netcommunity SYSTEM αNXシリーズ)」等の料金の詳細については以下のURLをご参照ください。
    【NTT東日本】オフィス・光ソリューションURL
    http://www.ntt-east.co.jp/office/business/iTicket/index.html新規ウィンドウで開く
開始時期
平成22年6月3日(木)

(2)相互プロモーションの実施及び提案・販売体制の確立

相互プロモーション

自社WEBサイト※10の他、医療従事者専用情報サイトに特設サイトを設けるとともに、各種医療関連学会においてもプロモーションを実施します。

提案・販売体制

東日本管内のクリニックや医院に対して、アイチケットとNTT東日本の中堅中小企業様向け営業担当者が同行し、トータルソリューションを提案します。

3.ご契約特典の提供

  1. (1)「iTICKET plus」初期費用特別割引の提供

    NTT東日本に「フレッツ光」と「iTICKETplus」を同時にお申し込みいただき、平成22年6月3日(木)から平成23年3月31日(木)までの間にご契約いただいたお客様を対象に「iTICKETplus」の初期費用を特別割引いたします。※11

  2. (2)「アイチケットonフレッツ光」推奨パソコンの特別価格提供

    NTT東日本又はアイチケットに「iTICKET plus」と「フレッツ光」を同時にお申し込みいただき、ご契約いただいたお客様を対象に、「アイチケットonフレッツ光」推奨パソコンを特別価格で提供することを検討しております。※11

4.今後の展開

  1. (1)より安心・安全なサポート体制の充実

    クリニックや医院に安心して「アイチケットonフレッツ光」をご利用いただくため、NTT東日本の「ひかりソフトフォン」等を利用したテレビ電話を活用し、サポート担当者の顔が見える安心・安全サポート体制の構築について両社で検討します。

  2. (2)患者様向け光ブロードバンドサービスの利用シーンの提供

    パソコンや携帯電話に変わる手軽な端末として、NTT東日本が提供を予定している無線LAN対応のデジタルフォトフレーム型端末「光iフレーム(仮称)」を利用して、「iTICKET plus」の順番予約や映像情報取得等が、ご家庭や院内で簡単に利用できる仕組みの構築を両社で検討します。

補足
会社概要
アイチケット株式会社
本社所在地 東京都港区芝大門二丁目5番5号
代表者 代表取締役 吉井 浩一
資本金 3,000万円
URL http://www.paa.jp/新規ウィンドウで開く
東日本電信電話株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿3丁目19番地2
代表者 代表取締役社長 江部 努
資本金 3,350億円
URL http://www.ntt-east.co.jp

サービスの詳細・お申込先について

本件に関する報道機関及びお客様からのお問い合わせ先

アイチケット株式会社 吉井、箕谷
Tel 0120-92-5870
E-mail plus@iticket.co.jp
NTT東日本 コンシューマ事業推進本部
ブロードバンドサービス部 アライアンス推進担当 山上、龍見、福田
Tel 03-5359-9370

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。