企業情報


ホーム > 企業情報 > NTT東日本について > 調達活動 > CSR調達・環境活動


CSR調達・環境活動

CSR調達の取組みについて

NTT東日本では、サプライヤの皆さまと協力し、環境保全などの社会の要請に配慮した調達を推進するため、また信頼性の高いサービス提供に向け品質・安全性を確保するため、以下のガイドラインや要求条件を定めています。

NTT東日本とのお取引に際し、以下を順守いただきますよう、お願いいたします。

サプライチェーンCSR推進ガイドライン

人権や環境への配慮、製品やサービスの品質・安全性の確保など、社会の要請に配慮した調達について、以下に定めています。

NTTグループの紛争鉱物への対応

NTTグループは、サプライヤの皆さまと協力し、紛争鉱物に関する対応を行っています。

環境活動

環境方針

基本理念
人類が自然と調和し、未来にわたり持続可能な発展を実現するため、NTT東日本地球環境憲章に則り、NTT東日本本社スタッフ部門一体となって、全ての企業活動において地球環境の保全に向けて最大限の努力を行います。
基本方針
  1. (1)法規制の遵守と社会的責任の遂行
    環境に関する法規制や、自主的に受け入れを決めたその他の要求事項を遵守します。また、環境マネジメントシステムを構築し、継続的な改善を行うことにより、環境汚染の予防に努めます。
  2. (2)環境負荷の低減
    組織の活動により生じる環境影響を的確に評価し、経済的・技術的に可能な範囲で環境目的・目標を設定し、環境保全活動を推進します。
    • オフィス活動における省エネ、省資源の推進
    • 事業内容等の見直しに伴う業務効率化による環境負荷の削減
    • ITの推進による環境負荷の削減
    • グリーン購入・調達の推進
  3. (3)社会支援等による貢献
    地域社会が推進する環境保全活動に積極的に参加します。また、社内外とのコミュニケーションを図り、環境情報を開示します。
  4. (4)この環境方針は全社員に周知すると共に、社外に開示します。

東日本電信電話株式会社
ITイノベーション部長

グリーン調達ガイドライン

NTT東日本は環境への影響を考慮して製品の調達(グリーン調達)を推進します。グリーン調達ガイドラインは、グリーン調達に関するNTT東日本の基本的考え方であり、NTT東日本とサプライヤが継続して環境問題に取り組む一般的な項目を示しています。