企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > ローソン店舗における「払込通知票」の盗難被害について


ローソン店舗における「払込通知票」の盗難被害について

平成16年10月1日

平素は弊社サービスに格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

本日、NTT東日本及びNTT西日本(以下、NTT東西)が電話料金等の収納業務を委託している株式会社ローソン様より、平成16年9月26日(日)にローソン銀座8丁目店において、公共料金支払票等が入った社内メールバックの盗難が発生し、警察へ被害届を提出した旨の報道発表がありましたが、その中にNTT東西の「払込通知票」(NTT東:418名、NTT西:2名のお客様分)が含まれていることが判明致しました。

* 払込通知票 ローソン店舗にてお客様が電話料金等をお支払いいただいた領収書の控え
お客様のお名前、電話番号、ご請求額等が記載されています。

該当のお客様には多大なご迷惑をお掛け致しましたことを深くお詫び申し上げます。

NTT東西はこの事件を真摯に受け止め、今後、このような事件が発生しないよう、株式会社ローソン様をはじめとする各委託企業様と連携し、再発防止に努めていく所存でございますので、今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

  • 盗難された社内便バッグは、10月1日のローソン様報道発表後、その日の夕刻に発見されました。その後の調査結果でNTT東日本の払込通知票は165名分、またNTT西日本の払込通知票は1名分であることが判明致しました。(なお、発表時点の数との差についてはローソン様社内で保管等されており、盗難による被害等がないことも判明しました。)