企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > パソコンの遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘にご注意ください


パソコンの遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘にご注意ください

「フレッツ光」をご利用のお客さまへ

2014年9月19日
東日本電信電話株式会社

「フレッツ光」をご利用のお客さまにおいて、一部のプロバイダ事業者からの電話勧誘により、NTT東日本もしくは、その関連事業者と誤解をさせ、言われるままにパソコンを操作し、自分のパソコンを、その事業者に遠隔操作してもらったところ、プロバイダ契約が変更され「以前より高額な請求が届いた」、「解約を申し出ると解約金を請求された」といったご相談が寄せられております。

NTT東日本は、上記のような勧誘は行っておりませんので、このような電話がかかってきた際には、契約の内容を十分に理解した上で契約を検討するなど、ご注意くださいますようお願いいたします。

また、国民生活センターにも同様のトラブル事例が複数寄せられており、消費者に対してトラブルに合わないよう注意を呼びかける報道発表がされております。

トラブル事例など詳しい内容については、国民生活センターの報道発表内容をご確認ください。

【参考】国民生活センター 報道発表資料
「相談激増!遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘トラブルにご注意」(2014年9月18日)
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140918_1.html新規ウィンドウで開く