企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 「インターネットご利用状況調査のモニター施策」の中止およびお詫びについて


「インターネットご利用状況調査のモニター施策」の中止およびお詫びについて

平成25年4月1日
東日本電信電話株式会社
日本電信電話株式会社   

東日本電信電話株式会社(以下 NTT東日本)では、日本電信電話株式会社(以下 NTT)と連携し、フレッツ光メンバーズクラブ会員のお客さまを対象に、「インターネットご利用状況調査のモニター施策」(以下 本施策、4/8開始予定)のモニターとなっていただける方の募集(最大1,000名)を、3/27から3/31の間行っていました。

本施策は、モニターとして参加いただいたお客さまのWEB閲覧情報や利用端末情報等を取得させていただくもので、(1)今後のお客さまサービスの向上に向けた多様な端末環境におけるブロードバンドのご利用状況の客観的把握、(2)多様な端末環境における情報収集技術の開発と検証、を目的としたものです。

しかしながらモニター募集開始後、“取得される情報の範囲や収集した情報の利用目的が不明瞭で不安”、“プライバシー保護がお客さま自らの設定に委ねられている部分が多く、お客さまの設定によってはプライバシーが守られない可能性がある”等のご意見がSNS等に多数掲載され、NTT東日本、およびNTTとしても安心して参加いただくために見直すべき点があると判断したことから、本施策については中止することとさせていただきました。

本施策の趣旨に賛同の上、モニターにご応募いただいた方々をはじめ、お客さまにはご心配、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

なお、今回モニターにご応募いただいたお客さまにつきましては、別途NTT東日本より個別にご連絡をさせていただきます。