支店ホーム > お知らせ > ローカル5Gの活用による「新たな働き方」の実現に向けた実証実験を開始


News Release 東日本電信電話株式会社

2022年5月17日
東京建物株式会社
東日本電信電話株式会社 東京事業部

ローカル5Gの活用による「新たな働き方」の実現に向けた実証実験を開始

 東京建物株式会社(代表取締役 社長執行役員:野村 均、以下「東京建物」)と東日本電信電話株式会社 東京事業部(執行役員 東京事業部長:熊谷敏昌、以下「NTT東日本」)は、NTT東日本が所有するローカル5Gオープンラボ*にて、新たな働き方の実現に向けた実証実験を開始しましたのでお知らせします。ローカル5Gの活用により、リモートとリアルがストレスなく融合する快適な会議環境の実現をめざすとともに、より有用性の高い会議室レイアウトの検証にも活用してまいります。

* NTT東日本と国立大学法人東京大学と共同で設立したローカル5Gの検証環境
ローカル5GオープンラボHP:https://business.ntt-east.co.jp/solution/local5g/openlab/


1.背景および目的

  東京建物は、ディベロッパーとして様々なオフィス環境を提供しており、昨今の感染症対策やリモートワークの普及に対応した新たな設備、技術に関する検証等を通じ、働き方の多様化に向けて様々な取り組みを行っています。またNTT東日本は、お客様ニーズにフレキシブルに対応し、強靭でセキュアなネットワーク環境の提供とローカル5G等によるリモートワールドの実現をめざしています。

 こうした両社のノウハウ、アセット等を活用し、2022年4月より、新たな働き方の実現に向けた実証実験を共同で開始しました。


2.実証実験の概要

 実証実験では、ローカル5Gの安定した高速大容量の通信を活用した高画質な映像によって、別室の参加者があたかもその場にいるかのような会議や、メタバース上に仮想のオフィス環境を構築するバーチャルリアリティ会議を体験します。今回の実証実験を通じて、ニューノーマルな働き方の創造や、リアルとバーチャルの高度な融合によるオフィスでの体験価値向上、ローカル5Gをはじめとするネットワーク品質の検証を行います。


<取り組みイメージ>

<実証実験風景:ほぼ対面会議>
 

<実証実験風景:VR会議>

 

(1)実施時期

   2022年7月31日まで(予定)

(2)実施場所

   ローカル5Gオープンラボ(東京都調布市・NTT中央研修センタ内)

(3)各社の役割

   東京建物

         ・実施する高度な会議の有効性の確認/効果測定

         ・オフィス環境に必要な機能、設備の判定

   NTT東日本

         ・ローカル5G環境の提供、実証時のネットワーク負荷等の把握

         ・実証実験結果の取りまとめ

       

3.今後の展開

 東京建物とNTT東日本は今回の「新たな働き方」の実証結果を踏まえ、東京建物が所有するビルでの検証やサービス等の実装をめざします。また、付加価値の高いオフィス環境の提供と効率的なビル管理等を通じ、安心安全で活力ある 生産性の高い働き方の実現に向けた取り組みを推進してまいります。


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先

■ 東京建物株式会社 コーポレートコミュニケーション部 TEL:03-3274-1984  
■ NTT東日本 東京事業部 広報担当  TEL: 03-3434-1133

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。