支店ホーム > お知らせ > 「『食』からつながる応援プロジェクト 第7回食品配付会」にボランティア参加しました〜非常災害用食料品のほか、手作りのヘチマたわしを板橋区在住の世帯に配付〜


News Release 東日本電信電話株式会社

2022年3月22日
東日本電信電話株式会社
東京北支店

「『食』からつながる応援プロジェクト 第7回食品配付会」にボランティア参加しました
〜非常災害用食料品のほか、手作りのヘチマたわしを板橋区在住の世帯に配付〜

   東日本電信電話株式会社 東京北支店(支店長 北島 隆玄 以下、「NTT東日本 東京北支店」)は、板橋区社会福祉協議会が主催する「『食』からつながる応援プロジェクト 第7回食品配付会」にボランティアとして参加し、弊支店の非常災害用食料品を配付するとともに、社員手作りのヘチマたわしを配付しました。

1.概要

 板橋区在住の未来を担う子どもたちへの支援として、社会福祉法人 板橋区社会福祉協議会が主催する「いたばし子どもの居場所づくり活動支援事業」に対して、これまでも非常災害用食料品の寄贈等を実施してまいりましたが、今回3回目となる支援活動では、「『食』からつながる応援プロジェクト 第7回食品配付会」にボランティアとして参加し、非常災害用食料品を配付することで、地域における子どもたちへの食の支援に加え、フードロスの削減(SDGs目標「1.貧困をなくそう」に加え、「12.つくる責任 つかう責任」の達成)に寄与するものです。
 また、今回の配付会では、非常災害用食料品に加え、弊支店で設置しているグリーンカーテンで収穫したヘチマを活用したヘチマたわしを配付しました。
 このヘチマたわしは、プラスチックスポンジ利用により海に流出するマイクロプラスティックが海洋生態系に与える影響が懸念されるなか、天然素材のヘチマたわしを利用することで、この流出を少しでも抑えたい(SDGs目標「14.海の豊かさを守ろう」の達成に寄与したい)との想いから、弊支店社員が手作りしたものです。


2.ボランティア参加内容

(1)配付品
        いわし蒲焼き缶詰 630缶
        ヘチマたわし 40個
(2)配布先
        板橋区在住の食の支援を必要とする150世帯
(3)配付日
        2022年3月19日(土)
(4)配付場所
        きたのホール (東京都板橋区徳丸2丁目12-12)
        

 
 
    

(ボランティア参加模様)

 

(グリーンカーテンとヘチマたわし作り模様)

3.今後の活動

   これからも、社員一人ひとりが事業活動を通じ、人と社会と地球がつながる安心・安全で豊かな社会の実現に貢献していくとともに、SDGsの達成に向けて寄与していきます。

【参考】 いたばし子どもの居場所づくり活動支援事業 <https://itabashi-kodomonoibasho.net/
 子どもを対象とする学習支援、食事の提供、世代間の交流、その他子どもに居場所を提供する団体を把握し、立上げ支援や、居場所団体間の連携、子どもに係る支援を行う団体等間の連携の促進を図るとともに、居場所団体に係る情報発信を行ないます。それらを通じ、生活困窮その他の困難を抱える子どもの社会的孤立、または「子どもが社会的に孤立することを防止」し、貧困の世代間連鎖の防止を図ることを目的としています。




お問い合わせ先

【お客さまからのお問い合わせ】 NTT東日本 東京北支店 企画総務部 Tel 03-6908-5030
【報道機関からのお問い合わせ】 NTT東日本 東京事業部 広報担当  Tel 03-3434-1133

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。