支店ホーム > お知らせ > 小田原市商店街連合会プレミアム付商品券事業を支援しています〜 【締め切り迫る!】おだわら梅丸商品券の購入応募 〜


(報道発表資料)

東日本電信電話株式会社 神奈川事業部
株式会社エヌ・ティ・ティ・カードソリューション

2022年5月26日

小田原市商店街連合会プレミアム付商品券事業を支援しています
〜 【締め切り迫る!】おだわら梅丸商品券の購入応募 〜

東日本電信電話株式会社 神奈川事業部(執行役員 神奈川事業部長:中西 裕信、以下「NTT東日本」)及び株式会社エヌ・ティ・ティ・カードソリューション(代表取締役社長:奥本 雅之、以下「NTTカードソリューション」)は、2022年5月9日から購入応募が開始された小田原市商店街連合会プレミアム付商品券事業「第3弾おだわら梅丸商品券」のデジタル商品券運用を支援しています。


1.小田原市商店街連合会プレミアム付商品券事業「第3弾おだわら梅丸商品券」概要

 external_image

(1)目的:新型コロナウイルス感染症の影響を受ける小田原市内の商業者と市民の生活を支援すること
(2)発行主体:小田原市商店街連合会
(3)発行方法:地域のデジタル化推進及び感染防止対策として、従来の紙商品券に加え、デジタル商品券も発行
(4)購入応募期間:2022年5月9日(月)〜2022年5月31日(火)
<購入応募サイト>
https://www.odawara-umemaru.com/
(5)対象:小田原市在住・在勤・在学(小学生以上)の方
(6)販売期間:2022年6月27日(月)〜2022年7月29日(金)
(7)使用期間:2022年7月1日(金)〜2022年12月31日(土)
(8)使用可能店舗:事前に登録した市内店舗
https://www.odawara-umemaru.com/list.html
(9)デジタル商品券の利用方法
①ご自身のスマホ・タブレット端末からWEBブラウザで専用サイトへログイン。
②店舗のレジ横に設置されているQRコードを読み取る。
③支払額を入力し、店員に確認してもらう(1円単位で入力可能)。
④「お支払」ボタンをタップする。
⑤支払が完了すると、決済結果のメールが届く。
(10)デジタル商品券のご利用に関するサポート
①特設会場でのサポート:
  ・デジタル商品券当選者で使い方の説明が必要な方を対象に説明会を開催します。
※日時・場所は購入(当選)通知メールにて記載予定
②その他のサポート:
  ・携帯電話販売事業者の各店舗において、デジタル商品券に関する各種サポート(※)を実施。
※詳細は小田原市商店街連合会ホームページを参照
https://www.odawara-umemaru.com/
※小田原市は、デジタル化を生かしたまちづくりを進めており、「格差を生じさせない、人にやさしいデジタル化」に向けて、携帯電話販売事業者とデジタル活用支援事業に関する協定を締結しています。


2.デジタル商品券の技術運用を支える「おまかせeマネー」概要

 (1)特長: 
 ・電子マネー事業の豊富なノウハウを活かし、「地域限定のオリジナル電子マネー」の発行・運用をトータルでサポートする「地域通貨プラットフォームサービス」を提供します。

external_image

(2)サービス提供元:NTTカードソリューション
(3)サービス詳細:https://info.omakase-emoney.jp/
  ※『おまかせeマネー』はNTTカードソリューションの登録商標です

  

3.SDGs等との関わり

本件を通じて、以下のSDGs目標に貢献してまいります。

external_image  external_image

(1)目標11:住み続けられるまちづくりを
・地域利用できる商品券の流通を通じて、小田原市の地域経済活性化を促し、「だれも取り残さない・だれもが参加できる形の持続可能なまちづくり」に貢献していきます。
(2)目標13:気候変動に具体的対策を
 ・商品券のデジタル化を促進することで、二酸化炭素抑制等の環境負担軽減に貢献していきます。

 また、NTTグループでは2021年9月28日に環境エネルギービジョン「NTT Green Innovation toward 2040」を策定し、2030年度までに温室効果ガス排出量の80%削減(モバイル、データセンターはカーボンニュートラル)、2040年度までにカーボンニュートラルを実現することをめざすとともに、自らのカーボンニュートラル実現に向けた取り組みを社会へ拡大し、日本政府がめざす2030年に2013年度比で温室効果ガスを46%削減するという目標、および2050年までのカーボンニュートラルの実現に貢献します。


4.今後の展望

 本件を通じて、小田原市でのキャッシュレス化推進・市民生活の利便性向上にむけ、ICTを活用したソリューションの普及促進に努めてまいります。

external_image