支店ホーム > お知らせ > ICTソリューションの活用による地域の更なる経済発展に向けて 〜かながわ信用金庫、東日本電信電話株式会社との連携について〜


(報道発表資料)

かながわ信用金庫
東日本電信電話株式会社 神奈川事業部

2020年7月3日

ICTソリューションの活用による地域の更なる経済発展に向けて

〜かながわ信用金庫、東日本電信電話株式会社との連携について〜

かながわ信用金庫(理事長:平松 廣司)、と東日本電信電話株式会社 神奈川事業部(神奈川事業部長・神奈川支店長兼務:中西 裕信、以下「NTT東日本」)は、お互いの強みを相乗させ連携することにより、地域社会や経済の活性化を目的とする連携を行うことで合意しました。

コロナと共存していく”withコロナ時代”の中で地域の中小企業が抱える課題に対し、かながわ信用金庫とNTT東日本が連携し、ICTソリューションの提供により解決を図る取り組みを開始します。

なお、かながわ信用金庫としては、情報通信業との連携は、神奈川県内において初の協業となります。

1.背景

かながわ信用金庫は、地域の皆さまのさまざまなご相談を承り、解決に向けともに汗を流し、知恵をご提供する「よろず相談承り」信用金庫をめざして取り組んでいます。

現在、地域の事業者さまは、人口減少、少子高齢化などを背景とした人手不足や事業承継、景気先行きの不透明感からくるコスト削減、新事業創出といった多くの課題を抱えています。また、コロナと共存する”withコロナ時代”の中で、テレワークの導入や非対面での営業活動といった新しい業務スタイル導入の需要も高まっています。

そこで、このような地域の事業者さまの抱える経営課題に対し、ICTソリューションを活用した解決方法をご提案するため、ICTソリューションを提供するNTT東日本と連携を行います。

かながわ信用金庫とNTT東日本では、互いの知識やノウハウ、ネットワークを活用し積極的に連携することで、地域の皆様の課題解決と地域社会や経済の発展に向けた取り組みを実施することで、ビジネス変革をサポートしてまいります。

左)NTT東日本 神奈川事業部長:中西 裕信  右)かながわ信用金庫 理事長:平松 廣司

新型コロナウイルス感染症拡大防止として、調印式はwithコロナ時代の新しい形式を取り入れた、オンライン方式で実施しました

2.各社の役割

かながわ信用金庫

・取引先企業のさまざまな経営課題を把握し、
  ICTコンサルティングの要望がある企業をNTT東日本に紹介

NTT東日本

 ・かながわ信用金庫の取引先企業の人手不足、業務効率化や
  事業拡大等の経営課題解決に向けた支援として、
  ICTソリューションを用いたコンサルティングの実施、
  サービス提案・提供


3.地域の中小企業の経営課題解決に向けたICTソリューション例

  • EC導入支援(小売・飲食業向け)【別紙1
  • 非対面によるコミュニケーションツール導入支援【別紙2
  • テレワーク導入支援 【別紙3
      • Electronic Commerceの略。電子商取引と訳され、インターネット上でモノやサービスを売買すること全般を指す。

      4.連携開始時期

      2020年7月2日

      5.本連携モデル全般に関するお問い合わせ先

      NTT東日本 神奈川事業部 地域ICT化推進部

      村井、構、小渕

      TEL:0800-8005338