神奈川支店 川崎支店 神奈川西支店


支店ホーム > お知らせ > スマホをかざして美術作品を知ろう!


(報道発表資料)

横浜美術館
NTTテクノクロス株式会社
東日本電信電話株式会社 神奈川事業部
株式会社アクアビットスパイラルズ

2019年8月5日

スマホをかざして美術作品を知ろう!
〜横浜美術館でスマホを使った作品情報表示サービスの実証実験を行います〜

横浜美術館(神奈川県横浜市西区 館長:逢坂恵理子)とNTTテクノクロス株式会社(以下、NTTテクノクロス 本社:東京都港区港南、代表取締役社長:串間和彦)、東日本電信電話株式会社神奈川事業部(以下、NTT東日本 神奈川県横浜市中区、事業部長:中西裕信)、株式会社アクアビットスパイラルズ(以下、アクアビットスパイラルズ 本社:東京都港区高輪、代表取締役CEO:萩原智啓)は、横浜美術館で開催中の「横浜美術館コレクション展」において、美術作品にスマートフォンのカメラをかざすことで作品に関する情報を表示するサービスの実証実験を実施します。

 

1.実証実験の概要

  横浜美術館の来館者に、作品鑑賞をより気軽に楽しんでいただくことを目的として、画像認識AIサービス「かざして案内® for Biz*1」(以下、本サービス)を活用して、来館者自身のスマートフォンを展示作品にかざすことで作品に関する情報を画面に表示します。
  これにより、来館者は作品名や制作年などの作品情報を手元で知ることが可能になり、美術館にとっては鑑賞シーンの多様化による来館者の満足度向上を図ることができます。

                                                                  【実証実験のイメージ】

■期間 : 2019年8月5日(月)〜9月1日(日)

■場所 : 横浜美術館 展示室2 (横浜市西区みなとみらい3-4-1)
              ※開館時間10時〜18時(金・土曜日は10時〜20時)
               (入館は閉館の30分前まで、休館日:木曜日)
■対象作品 : 長谷川 潔《花束》1926年、ジョアン・ミロ《花と蝶》1922-23年 など39点

   

2.検証する項目
  ・美術館などミュージアム系施設における本サービスの有用性
  ・来館者が本サービスを利用する際の操作性


3..役割
  ・横浜美術館 : 本実証実験における展示の運営及び作品情報(コンテンツ)の提供
  ・NTTテクノクロス : 本サービスの提供及びサービスの利用状況把握
  ・NTT東日本 : 本サービスを円滑に利用するため、横浜美術館で構築済みの

   「ギガらくWi-Fi」による通信環境の運用をサポート
  ・アクアビットスパイラルズ : 本サービスにアクセスするための「スマートプレート*2」を提供
  ※各役割に関する問い合わせは別紙をご覧ください。


4..今後の展開

  NTTグループとしては、本実証実験を通じて得られた知見をもとに、画像認識AIサービスの普及拡大を進めるとともに、美術館・博物館におけるICT活用を支援することで、施設の更なる魅力向上に貢献してまいります。


【参考】用語解説

*1:かざして案内® for Biz
  案内看板や建物、商品などにスマートフォンをかざすことにより、経路案内や観光の詳細情報などをスマートフォンに設定された言語で表示するNTTが開発したサービス。AI技術corevo®(呼称:コレボ)の1つである「アングルフリー物体検索技術」により、斜めからかざしても遮蔽物があっても、対象物を高精度に認識可能。
*2:スマートプレート
  アクアビットスパイラルズが提供するQR コード、NFC に対応したクラウドコントロール型の情報配信デバイスで、スマートフォンをかざすと、設定されたデジタルコンテンツを即座に表示する。
*「かざして案内®」は日本電信電話株式会社の登録商標です。
*「corevo®」は日本電信電話株式会社の登録商標です。(http://www.ntt.co.jp/corevo/
*「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
* 記載されている商品名・会社名などの固有名詞は一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。