NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 環境マネジメント > 環境目標2030


環境目標2030

環境目標2030

低酸素化している未来、資源が循環している未来、自然と共生している未来を実現するために、4つの行動目標を掲げて取り組んでいます。

NTT東日本グループ環境目標2030

世界各国で環境保全に対する意識が高まっています。2017年11月にはドイツ・ボンで国連気候変動枠組条約第23回締約国会議(COP23)が開催されました。会議では地球の気温の上昇を抑えるために、2018年以降も話し合いを活発化させていくとともに、COP24で閣僚級会合を開催することを決めました。2015年にパリ協定で設定した気温上昇幅の指標に近づくためには、世界各国で足並みをそろえて努力し続けることが必要不可欠です。

こうした世界での動きの中、NTT東日本グループにおいても、2030年を見据えた目標として、「NTT東日本グループ環境目標2030」を制定しました。2030年を目標に、「低炭素化している未来」「資源が循環している未来」「自然と共生している未来」の3つの未来を掲げ、環境保全に邁進しています。