NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 環境マネジメント > 環境活動 > 天竜川水系における河川敷清掃活動


環境活動

天竜川水系における河川敷清掃活動

河畔の景色を楽しみながら清掃

清掃活動に参加した社員

2016年5月21日(土)、NTT東日本 長野支店内の飯田エリアにおける関連各社、OBを含む飯田営業支店グループの総勢40名が、「第23回天竜川水系環境ピクニック(河川敷清掃)」に参加しました。この清掃活動は、公益財団法人長野県テクノ財団 伊那テクノバレー地域センター リサイクルシステム研究会が主催するもので、91事業所、総勢約4,000人が参加する大規模な活動です。

天竜川は、諏訪湖を水源に愛知県、静岡県の山間を縫って太平洋へ注ぐ大きな河川です。観光地、生活用水の供給といった役割を担う他、昔から地域の住民にとっての自然豊かな憩いの川でもあります。特にNTT東日本 長野支店 飯田営業支店グループが担当した飯田市周辺は、天竜川の流路に沿って土地が階段のようになっている河岸段丘が形成されており、その独特な地形を利用して栽培される果物でも知られています。
地域の住民の生活に非常に密着している天竜川の清掃活動に、NTT東日本 長野支店 飯田営業支店グループは以前から継続して参加しています。

当日は、朝8時30分に集合し、一斉に清掃をスタートしました。拾ったごみはきちんと分別して廃棄しますが、少ないとはいえ家電やタイヤ等の大きなごみが捨てられていることもあります。近年は捨てられているごみそのものが少なくなっている傾向があり、天竜川を訪れる方々の意識の変化が感じとれます。
晴天の中、河原に咲く花や草木を眺めながら、1〜2時間の作業を気持よく終えました。小さなお子さんの参加もあり、ハイキング気分で楽しく川をきれいにすることができました。

NTT東日本 長野支店 飯田営業支店グループは、今後も天竜川水系の環境保全に貢献してまいります。