NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 環境マネジメント > 環境活動 > 「ウェルカム秋田〜ひろえば街が好きになる運動」へ秋田支店が参加。


環境活動

「ウェルカム秋田〜ひろえば街が好きになる運動」へ秋田支店が参加。

活動スタートの前にアルピニスト野口健さんを囲んで。
エールをいただきました。

自分たちの街を自分たちの手できれいに。丹念にゴミを拾います。

よく知っているはずの街ですが、違う角度から見ることができました。

2013年10月6日に秋田市等の呼びかけにより、街の環境美化やマナーの大切さに気づいてもらうことを目的とする清掃活動「ウェルカム秋田〜ひろえば街が好きになる運動」が開催され、NTT東日本 秋田支店も参加しました。

この環境イベントは、秋田県の観光キャンペーン
「秋田デスティネーションキャンペーン」
(開催期間:2013年10月1日〜12月31日)の一環として、キャンペーンの最初の週に実施されました。当日は活動全体で約400名が集合、秋田支店からは13名が参加しました。
出発式は秋田駅前の「エリアなかいち」にある「にぎわい広場」で行われました。秋田支店の参加メンバーの活動場所は、秋田藩佐竹氏二十万石のお城・久保田城跡である「千秋公園」。スタートの号令とともに全員で元気よく清掃活動を開始しました。
清掃活動には、世界的なアルピニストの野口健さんも参加し、秋田県を訪れる皆さまを「きれいな秋田」でお迎えしたいとの思いを込め、地域の皆さまと一緒におもてなしの心で秋田市中心市街地の清掃活動に汗を流しました。目立つところにゴミはあまりなったのですが、街路樹の陰などには空き缶やタバコの吸い殻が落ちており、集まったゴミの量は約200kgにもなりました。
通りかかった方から「お疲れさまです」とお声かけいただくなど、秋晴れの中、参加したメンバー全員が気持ちのよい清々しい時間を過ごすことができました。

秋田支店グループでは、県内に拠点のある3ビルでグループ社員250〜300人が始業前に一斉に周囲の清掃を行う、会社独自のクリーン作戦を四半期に一度実施しています。また、お祭りに参加するなど、地域の皆さまとのコミュニケーションを大切にしています。今後もこうした機会をとおして、秋田の街とのかかわりを深めていきたいと思います。