支店ホーム > お知らせ > 立川におけるeスポーツを通じた地域活性化を目指して -立飛グループ、NTT東日本グループによる多摩地域初のeスポーツプロジェクトが始動-


(報道発表資料)

2020年9月10日
株式会社立飛ホールディングス
株式会社NTTe-Sports
東日本電信電話株式会社 東京事業部 東京西支店

立川におけるeスポーツを通じた地域活性化を目指して
 -立飛グループ、NTT東日本グループによる多摩地域初のeスポーツプロジェクトが始動-


  株式会社立飛ホールディングス(代表取締役社長:村山 正道、以下「立飛ホールディングス」)、株式会社NTTe-Sports (代表取締役社長:中村 浩、以下「NTTe-Sports」)と東日本電信電話株式会社 東京事業部 東京西支店(支店長:髙山  英一、以下「NTT東日本」)は、「立川eスポーツプロジェクト」の推進に向けた連携協定を締結いたしました。これにより三社は、eスポーツプロジェクトの推進を通じ、多摩地域の活性化を目指してまいります。


1.背景

  立飛ホールディングスは、「地域社会に貢献する企業」を企業ビジョンとして、多摩地域の活性化に取り組んでおり、自社が所有する施設等では、バスケットボールや大相撲立川立飛場所(3回)、東レパンパシフィックオープンテニスなど、様々なフィジカルスポーツのイベントを開催してまいりました。
近年、新たな地域活性化の取り組みとして、eスポーツの活用に着目し、NTT東日本と検討を重ね、本年1月のNTTe-Sports設立以降は、3社での協業の検討を進めてまいりました。eスポーツを通じた多摩地域の活性化は初の取り組みとなります。


2.概要

  立飛ホールディングスは、一日平均乗車人員が16万人以上にのぼるJR中央線立川駅北側に多機能ホール「TACHIKAWA STAGE GARDEN」(自社開発新街区「GREEN SPRINGS」内)や、多摩都市モノレール立飛駅至近に「アリーナ立川立飛」「ドーム立川立飛」など複数の施設を所有しています。これらの恵まれた立地条件や保有施設を活かし三社は、eスポーツを核とした地域の活性化に向けた取り組みを行います。
取り組みの推進にあたり、NTT東日本グループが持つeスポーツ事業のノウハウ、ネットワークやICT関連の先進技術を提供し、立飛ホールディングスとともに、先進的なeスポーツ文化を醸成、地域活性化を目指してまいります。
具体的には、立飛ホールディングス所有の諸施設を活用した大規模なイベント(ネットワークを活用した遠隔地からの参加動員を含む)開催や将来的な練習拠点の開設、地域企業のeスポーツチームや学校の部活支援等に取り組んでまいります。


                            



3.各社の役割(連携イメージ)

〈立飛ホールディングス〉
 ・社内でのeスポーツプロジェクト推進体制の確立
・保有施設を活用した各種取り組みの推進

〈NTTe-Sports〉
 ・eスポーツの専門知識、アライアンスを活用したイベント開催
 ・施設、教育事業、プラットフォームや施設を活用した全国への情報発信

〈NTT東日本〉
 ・ICT・IoTサービスの提供
 ・新技術等の活用


 

4.今後の取り組み

  本取り組みを通じて、eスポーツが立川及び多摩地域の新たな魅力の柱の一つとなっていくことはもちろんのこと、本取り組みが立川全体及び全国に広がっていくことで、新たな文化として定着・拡大していくことを目指してまいります。



5.問い合わせ先

立飛ホールディングス 総務部   担当:後藤、新藤、三浦
TEL:042-536-1111 FAX:042-536-1272
Email :e-sports@tachihi.co.jp


NTTe-Sports  担当:吉川
TEL :03-5359-7777
Email :info@ntte-sports.co.jp


NTT東日本 東京西支店 ビジネスイノベーション部  担当:萩野
TEL:0800-800-9968
Email:nttnishi@east.ntt.co.jp



報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。