支店ホーム > お知らせ > 山梨中央銀行、NSW、NTT東日本が地域のICT利活用推進と更なる経済発展に向けて連携


(報道発表資料)

2020年2月10日
株式会社山梨中央銀行
日本システムウエア株式会社
東日本電信電話株式会社 東京事業部

山梨中央銀行、NSW、NTT東日本が地域のICT利活用推進とさらなる経済発展に向けて連携

 

  株式会社山梨中央銀行(頭取:関 光良、以下「山梨中央銀行」)、日本システムウエア株式会社(代表取締役執行役員社長:多田 尚二、以下「NSW」)と東日本電信電話株式会社東京事業部(取締役 東京事業部長:中江 康二、以下「NTT東日本」)は、地域のICT利活用の推進と更なる経済発展を目的とする連携を本日から開始することをお知らせいたします。

 

1.背景と目的

   現在、地域の中小企業の大半が「人手不足」に悩まされているなか、「労働生産性向上」や「業務効率化」が課題として挙げられており、その対応は急務となっております。これに加え、デジタル化の進展に伴う社会構造・ビジネスモデル変革への対応は、中小企業において重要な戦略に位置づけられており、付加価値の向上、販路拡大・営業力強化など、トップライン収益向上のためのICT利活用は、更に高まっていくことが予想されます。
  今回、地域企業のコンサルティングを実施している山梨中央銀行、企業へのデジタルトランスフォーメーション(DX)推進支援およびシステム構築を行うNSW、光回線等のアクセスサービスやICTソリューションを提供するNTT東日本の3社が連携し、地域のICT利活用を推進することにより、地域企業様が抱える多様な課題の解決と地域経済の発展を目的とする取組みを開始いたします。

 

2.連携内容

   山梨中央銀行、NSW、NTT東日本の3社は「連携に関する基本契約書」を締結し、地域企業様に対してICTソリューションを協力して提供してまいります。
  各社の具体的な役割は以下のとおりです。


  <山梨中央銀行>
    ・取引先企業様のさまざまな経営課題を把握し、ICTソリューション導入に向けたコンサルティングを実施。
  <NSW>
    ・NSW保有の山梨データセンターを活用した、システム構築から運用・保守まで含めたICTトータルソリューションの提供。
    ・AIやIoTを中心とする最新テクノロジーを駆使し、地域企業様へのデジタルトランスフォーメーション(DX)推進を支援。
  <NTT東日本>
    ・地域企業様の経営課題の解決に向けた最適なICTソリューションの検討・提案。
    ・地域企業様が提供するICTソリューション等の事業拡大支援。

 

【連携イメージ】

 


本件に関するお客様からのお問い合わせ先

株式会社山梨中央銀行

 コンサルティング営業部  Tel:055-224-1192

 西東京コンサルティング営業部  Tel:042-662-2740

 

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社山梨中央銀行

 コンサルティング営業部 竹下 Tel:055-224-1192

 経営企画部広報CSR室 入戸野 Tel:055-224-1501

日本システムウエア株式会社

 サービスソリューション事業部 営業統括部 飯塚、石川 Tel::3-3770-0096 Mail:nsw-dc@gw.nsw.co.jp

 企画室広報担当 染葉、金子 Tel:03-3770-4014 Mail:kouhou@gw.nsw.co.jp

東日本電信電話株式会社 東京事業部 広報担当 Tel:03-3740-7010

 

 

 

 

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。