茨城支店


支店ホーム > お知らせ > 茨城県との「Wi-Fi環境の整備促進に関する連携協定」の締結について


News Release 東日本電信電話株式会社

茨城支店
2018年8月29日

茨城県との「Wi-Fi環境の整備促進に関する連携協定」の締結について

茨城県(知事:大井川 和彦)と東日本電信電話株式会社 茨城支店(支店長:松本 健一郎 以下「NTT東日本」)は、相互の連携により、茨城県内のWi-Fi環境の整備を促進することを目的に連携協定を締結しました。

締結式盛谷 幸一郎 茨城県政策企画部長(写真左)  松本 健一郎 NTT東日本茨城支店長(写真右)


1.協定締結について

1.日 時 2018年8月28日(火) 15時30分〜
2.場 所 茨城県庁 庁議室
3.締結者 茨城県知事 大井川 和彦※1
NTT東日本 茨城支店長  松本 健一郎

※1 締結式は盛谷 幸一郎政策企画部長が代理出席


2.協定の名称

Wi-Fi環境の整備促進に関する茨城県と東日本電信電話株式会社との連携協定


3.協定の目的

茨城県とNTT東日本との相互連携による、茨城県内のWi-Fi環境の整備の促進


4.連携事項

  1. (1)茨城県内の公衆無線LANサービス及びIBARAKI FREE Wi-Fiの整備促進に関すること
  2. (2)外国人や観光客が接続しやすいフリーWi-Fiの環境整備に関すること
  3. (3)災害発生時における情報連絡手段確保に関すること

5.今後の取り組みについて

今回の「Wi-Fi環境の整備促進に関する茨城県と東日本電信電話株式会社との連携協定」を締結させていただいたことを踏まえ、NTT東日本としては以下の2点に取り組んでまいります。

  1. (1)日本国内でのシームレスなWi-Fi環境の提供
    来年にはG20貿易・デジタル経済大臣会合が予定されており、茨城県を訪問する海外のお客様が数多く見込まれる中、県内での共通的なWi-Fi環境を構築するだけでなく、「Japan Connected-free Wi-Fi」※2についてもご提供することにより、海外からのお客様が日本国内での移動や観光、会議の場面で利用登録を繰り返すことなくインターネットに接続できる環境の実現を目指します。
  2. (2)災害時の情報連絡手段としてのWi-Fi環境の整備
    通常の利用の際には登録が必要になるフリーWi-Fiですが、災害発生時にはそのような登録を不要することも可能です。今後、県内の自治体や民間のお客様と連携し災害時にもご活用いただける環境整備に努めてまいります。

    ※2 エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットホーム株式会社が提供するサービス。詳細はhttp://www.ntt-bp.net/jcfw/ja.htmlをご確認ください。




報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。