支店ホーム > CSR活動 > 環境方針


NTT東日本 東京事業部環境方針

【基本理念】
NTT東日本東京事業部は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、全ての企業活動に
おいて、社員一人ひとりが環境保全につとめ、より良い企業を目指します。



【基本方針】
NTT東日本東京事業部は、企業活動が都市環境に影響を与えることを認識し、「NTT東日本地球環境憲章」を遵守し、
ICTサービスの提供を通して、以下の方針に基づき環境活動を推進します。

1.法規制の順守
環境に関する法規制や、自主的に受け入れを決めたその他の要求事項を順守し、環境汚染の予防に努めます。


2.環境負荷の低減
(1)ICTサービスの推進を積極的に行い、お客さまと社会全体の環境負荷の低減に貢献し、気候変動の緩和及び
   気候変動への適応に努めます。
(2)事業活動におけるエネルギー増大の問題を重要と捉えて、電気通信設備の効率的な運用を含めた、省エネルギーを
  推進します。
(3)業務の効率化を行い、環境負荷低減を図ります。
(4)事業活動における省資源、廃棄物の分別及び3R(リデュース・リユース・リサイクル)を通して持続可能な資源の
   利用を推進します。


3.環境パフォーマンスの継続的改善
環境マネジメントシステムのPDCAを活用し、環境活動を行うことにより、環境パフォーマンスの継続的な改善に努めます。


4.社員の教育
社員一人ひとりが、業務の内外によらず日常生活の環境負荷を認識し、自分にできる身近なことから行動ができるよう、
自覚を促す環境教育を実施します。


5.生物多様性及び生態系の保護
全ての事業活動が生物多様性に影響を与えていることを認識し、生物多様性への影響を低減するとともに、
生物多様性及び生態系の保護に貢献する活動を推進します。


 この環境方針は全社員に周知します。



 

平成 29 年 7 月
東日本電信電話株式会社
取締役 東京事業部長
野 池  秀 幸