福島支店


支店ホーム > ふらっとおでかけ 福島ぶらり > 北塩原村「五色沼自然探勝路」


北塩原村「五色沼自然探勝路」

柳沼の写真柳沼(やなぎぬま)は五色沼自然探勝路を西側から歩き出して、すぐ左手に

 豊かな緑に囲まれた保養地・裏磐梯には300近いという大小の湖沼があります。「五色沼自然探勝路」は約20から30ある沼の間の道を歩くことができ、特徴的な色の湖水や磐梯山の雄大な姿をながめることができます。コースの高低差はわずかで、片道が約3.6キロメートル、約1時間ほどの自然観察の散策路です。
 裏磐梯の景観をもたらしたのは、1888年(明治21年)の磐梯山の水蒸気爆発という自然の脅威的な力と、爆発の後、約20年荒れ野だった土地に、植林事業を開始し、植え続けた人たちの意思の力といわれています。探勝路の途中には、植林に力を注いだ人物の一人、遠藤現夢(えんどうげんむ)の墓があります。遠藤現夢は、ほぼ同じ頃に、会津戦争後の鶴ケ城周辺にも、サクラ(ソメイヨシノ)を植林しています。また、遠藤に植林を指導した中村弥六は、探勝路の西側入り口近くにある「弥六沼(やろくぬま)」(裏磐梯高原ホテル内)にその名を残しています。

遠藤現夢の墓の写真この場所に葬ることを生前に指定していたという遠藤現夢翁

オオウバユリの写真 探勝路でみかけたオオウバユリ。開花は7・8月

 また、国立公園内の「特別保護地区」に指定されているエリアなので植物や昆虫の採取などは禁止で、他にも自然保護への注意が大切です。
 自然を保護するため、自然から自分の身を守るためなど、気をつける点を「裏磐梯ビジターセンター」「裏磐梯サイトセンター」などで紹介しています。また、自然に親しむイベントも企画・開催される施設です。
 トレッキングコースについてや、裏磐梯の成り立ちについて知ることができます。

お問い合わせ

NTT東日本福島支店公式サイト ふくしまの窓から ライブカメラ「裏磐梯」のページ
ご協力:裏磐梯高原ホテル様 弥六沼

お問い合わせ
北塩原村 商工観光課
住所:福島県耶麻郡北塩原村大字北山字姥ケ作3151
電話:0241-23-3111

裏磐梯観光協会公式サイト
裏磐梯ビジターセンター公式サイト
裏磐梯サイトステーション公式サイト
磐梯山ジオパーク協議会公式サイト