山梨支店


支店ホーム > お知らせ > 2019年度 第33回 電話応対コンクール山梨県大会への後援について


News Release

NTT東日本山梨支店
2019年9月24日

2019年度 第33回 電話応対コンクール山梨県大会への後援について

東日本電信電話株式会社山梨支店(支店長 繁尾 明彦)は、公益財団法人日本電信電話ユーザ協会山梨支部(支部長 金丸 康信)が下記のとおり開催する、「第33回電話応対コンクール山梨県大会」を後援します。
電話応対コンクールは、各企業の社員の電話応対と応対技能のレベルアップを通じて、顧客満足経営の推進を図るための人材育成を目的として毎年実施しています。
参加者は、毎年設定される競技問題に取り組み、電話応対サービスの技能を競い合います。
なお、山梨県大会は県内3ブロック大会の上位40名によって行われますが、全国大会の選考も兼ねており、本大会で最も優秀な成績を収めた方が、山梨県代表として11月22日(金)中野サンプラザ(東京都中野区)で開催予定の「第58回電話応対コンクール全国大会」に出場します。


1.開催日時 2019年10月7日(月) 9:30〜16:30
2.開催場所 山梨県JA会館 (甲府市飯田1−1−20)
3.主   催 公益財団法人日本電信電話ユーザ協会 山梨支部
4.後   援 東日本電信電話株式会社 山梨支店
5.参 加 者 40名(35事業所)
6.競技内容

あらかじめ設定された問題に基づいて模擬応対者と3分以内で応対する。

■テーマ: 『聴く力と伝える力で、信頼アップ』

■問題のねらい:
会社にかかってくる電話には、他の社員に取り次ぐ場合も多く、その取り次ぎ方次第でお客様が受ける印象は良くも悪くもなります。
電話の取り次ぎにおいて、お客様が指名した人が不在の場合の電話応対をテーマとして、お客様の用件を聴き取り、伝言するために必要な情報を把握し、お客様に安心していただける応対をします。
不在の人に伝言する場合は、その内容が正確に伝わるように分かりやすく、簡潔なものにする必要があり、この伝言により不在の人はその後のお客様応対を円滑に行うことができ、お客様満足度の向上につながります。
今年度の問題では、取引先から不在の担当者を指名する急ぎの電話を受けます。お客様は、担当者へメールを送ったが返信がないため、不安になって電話してきたという設定で、担当者が不在であることをお客様に伝えた上で、お客様の用件を把握し、不在の担当者の携帯電話に電話をかけ、お客様の用件を伝えていただきます。
お客様の言葉に耳を傾け、自然な言葉のキャッチボールを通じて、お客様に満足していただける応対を目指すとともに、用件を簡潔にまとめ、正確に伝えることをトレーニングして競技に臨んでいただきます。

7.審査方法 審査基準については「最初の印象」「基本応対スキル」「コミュニケーションスキル」「情報・サービスの提供」「最後の印象」「全体の評価」などについて5名の審査委員が採点します。
8.大会日程 8:45 受付開始          9:30 開会式
10:00 競技開始         14:30 競技終了
15:30 表彰式・閉会式

本件に関するお問い合わせ先

NTT東日本 山梨支店 企画総務部 企画担当

TEL (055)231−8850

公益財団法人日本電信電話ユーザ協会 山梨支部

TEL 0120−680966