法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > イベント・セミナー > CEATEC JAPAN 2017 > おてがるIoTサービス(仮称)


IoTビジネス拡大への取り組み
CEATEC JAPAN 2017

長年培ってきた最先端のコミュニケーション技術をもとに様々なパートナーとIoTビジネスを協業していく

2017年10月3〜6日

出展物紹介

サポート機能付きのパッケージ商品
「おてがるIoTサービス(仮称)」
※上記サービスは開発中であり、記載の内容はすべてイベント開催時点(2017年10月)の内容です。

企業や一次産業従事者向けのIoTビジネスのトライアルを展開中

ビジネス開発本部 第三部門 IoTサービス推進担当
増本浩希

世の中に広がるIoTニーズの高まりに対し、
NTT東日本の強みを活かしたパッケージサービスを検討中

近年、IoT(Internet of Things)による、新たな価値の創造や社会問題の解決に対する期待の急速な高まりを感じています。こうした世の中のニーズに対して、NTT東日本では、様々な企業や一次産業従事者などをターゲットにしたIoTサービスの検討を進めています。IoTを構成する要素は「デバイス」、「ゲートウェイ」、「サーバ」が一般的ですが、ゲートウェイ部分を「光回線+Wi-Fi」で提供することで、画像や音声といった大容量データの通信を必要とするIoTサービスへの活用も期待でき、NTT東日本としての強みを活かしていけると考えています。

現在、NTT東日本では、企業や店舗向けのWi-Fiサービス「ギガらくWi-Fi」を提供しており、「お客様ご自身で機器の設置が可能」「設定変更やトラブル対応のサポート付き」といった点に評価を頂いております。今後は、「ギガらくWi-Fi」の特色を活かしつつ、IoTに必要なセンサーデバイスやクラウドを組み合わせたパッケージサービスを提供することで、よりお客様への価値提供範囲を拡大することが可能になると考えています。

まずは一次産業を中心にトライアルを開始
生産性向上や経済損失防止など、実際の現場での課題にアプローチ

先ほどのコンセプトをベースとして、お客様の持つ課題解決をIoTでサポートする為に、現在、様々な現場に入り込んだトライアルを開始しており、今回のCEATECでは、実際のトライアルの状況をご紹介いたしました。

農業分野では、自治体様やJA様等と連携した個人農家様向けのトライアルを行っています。地域の基幹産業である農業の発展やブランディング向上を目的に、圃場のセンシングデータや映像データを活用して効果的な営農指導を行う取り組みです。新規就農者や新品種を栽培する農家の経営安定化を図り、地域として競争力の向上を目指しています。

同じく農業分野においては、ミニトマトの栽培を行う農業法人様ともトライアルを行っています。生産物の収穫量を少ない手間で正確に予測することは、ビジネスの生産性向上に直結します。そこで、このトライアルでは映像データを用いてAIで翌日のミニトマトの収穫量を予測しています。また、従業者の生産性活動の可視化もあわせて行い、業務効率化につなげることが出来ないか、検討を行っております。

また、畜舎内で肥育牛が起き上がれずに死亡する事故などが課題となっていた畜産系農家様では、今回のトライアルで、赤外線モーションセンサーなどを用いて家畜の行動を解析し、起立不可状態などの異常行動を検知することで、経済的損失の回避を目指しています。

他にも、製造業者様とのトライアルでは、地域を支える町工場の生産性向上・省力化を目的に、既存の製造ラインに外付けセンサーを設置し、製造ラインの稼働状況の可視化を行う取り組みをしています。また、ネットワークカメラを活用して、ライン異常時の状況確認や従業員の作業内容の分析によるスキル平準化も目指しています。

様々なプレイヤーと協力し、
サービスを提供していくために

現在は、農業・畜産業や製造業などでトライアルを行っていますが、今後はさらに多くの業種でトライアルを実施していく予定です。NTT東日本がこれまで培ってきた地域とのリレーションを活かしながら、様々な業種業態に眠っている課題に対して、『IoT』という枠組みの中で解決をお手伝いできるようなサービスを提供できればと考えています。その為には、NTT東日本単体ではなく、様々な事業者様と協力して、お客様ニーズに応え、社会課題の解決を目指していく必要があります。

今回のCEATECでも多くの事業者様等に興味を持っていただき、ビジネスの広がりを感じることが出来ました。
まだお客さまのニーズを収集するトライアル段階ですが、トライアルを通して得た知見をベースに、近いうちに、多くの業種の方々がIoTサービスを手軽に導入いただけるパッケージサービスとして展開することが出来ればと考えております。

中堅中小企業が手軽に導入できる「おてがるIoTサービス(仮称)」の世界
〜ビジネスの生産性向上にむけて〜

NTTグループのブース内ステージで開かれた「おてがるIoTサービス(仮称)」についてのセミナーでは、トライアル中の取組みについての詳細を紹介いたしました。

既存サービスである「ギガらくWi-Fi」は、初期設定や細かな設定変更・トラブル対応などを一元的にサポートセンタが対応することによる手離れの良さを評価いただいており、「おてがるIoTサービス(仮称)」でも、センサーデバイスやクラウドに併せてサポートまでをパッケージ出来れば、と考えています。

NTT東日本では、光回線とWi-Fiを組み合わせ、単なるセンシングデータ(温度・速度等)だけではない、より多様な情報(映像データ等)の分析により、ブロードバンドを活用したIoTの可能性を広げたいと思っています。

ギガらくWi-Fi

サポート付きクラウド型Wi-Fiサービス

詳しく見る


資料請求・お問い合わせ