法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > Voice from NTT東日本 > イベント特集一覧 > 地方自治体に対するNTT東日本の取り組み2013


地方自治体に対する NTT東日本の取り組み 地方自治情報化推進フェア2013 2013年 11月13日・14日

地方自治体情報化推進フェア2013 イベント概要

会場の様子会場の様子

「地方自治体情報化推進フェア2013」が、2013年11月13日・14日に、東京ビッグサイトで開催されました。今回のテーマは「ICTでつなぐ地域社会」。利便性の高い先進的な情報システムや、地域を元気にする便利な行政サービス、効率的で災害に強い電子自治体の実現に向けた最新システムの展示とデモンストレーションが行われました。そのほか、積極的なICTの活用方法など、有識者や実務者を講師に招いたセミナーも開催されました。

プレゼンテーションレポート

地方自治情報化推進フェア2013 イベント風景

富士山の世界遺産登録を背景とした外国人向けWi-Fiと
観光に結びつけたICTの取り組みについて

NTT東日本の公衆無線LANアクセスポイント「光ステーション」等を用いて、富士山の世界遺産登録を機に、更なる急増が見込まれる外国人観光客向けに地域一体となり無料のWi-Fi環境を整備した山梨県様の取り組みについて、同県知事政策局 富士山保全推進課の矢野久様にご講演いただきました。外国人観光客がWi-Fi環境を求める高いニーズにいち早く応えた同県の取り組みに、参加者一同、熱心に耳を傾けていました。

地方自治情報化推進フェア2013 イベント風景

東日本大震災発生時等の教訓を踏まえたICT-BCPの重要性について

東日本大震災のような大規模災害が発生した場合でも、地方公共団体の機能や業務を継続し、地域住民に対して適切かつ迅速なサービス提供を行えるよう、情報システムの維持・継続に向けたICT-BCPの策定を先進的に行った藤沢市様の取り組みについて、同市総務部参事兼IT推進課長の大高利夫様にご講演いただきました。大高様が参画していらっしゃる、総務省主催の「災害に強い電子自治体に関する研究会」の取り組みについてもお話しいただき、参加者一同、熱心に耳を傾けていました。

公共・自治体の導入事例一覧