ヒ。ソヘ、ホ、ェオメ、オ、゙
ホーム>法人のお客さま>Voice from NTT東日本>イベント特集一覧>地方自治体に対するNTT東日本の取り組み2010

地方自治体に対する NTT東日本の取り組み 地方自治情報化推進フェア2010 2010年 11月9日・10日

NTT東日本のビジョン  ブロードバンド基盤は、整備から利活用の段階へ。地域も住民も元気になれるサービスを地域の声に基づいた開発で支えたい 東日本電信電話株式会社 理事 ビジネス&オフィス事業推進本部 公共営業部長 齋藤 義男

地方自治情報化推進フェア2010 イベント概要

「地方自治情報化推進フェア2010」は、「地域が主役のICT社会へ」をテーマに2010年11月9日・10日の両日、東京ビッグサイトで開催されました。情報関係企業は61社の協賛により、ICTを活用した各種行政システムの展示とデモンストレーションが行われ、大勢の来場者の関心を集めていました。また、特別講演として「電子行政の課題—技術設計と制度設計—」、「地域が主役!−ソーシャルメディア:twitter・Ustream等の活用と、変わらぬ目的:つながり創り・街創り−」の2つが行われた他、自治体の関心の高いさまざまなセミナーが行われました。

“地域が主役になる”さまざまなソリューションを展示
神奈川県藤沢市が取り組む「ふじさわサイネージ」

導入事例

江戸川区様

江戸川区様

ビジネスイーサ ワイドで教育基盤の安心・堅牢なネットワーク化を達成
 
藤沢市様

藤沢市様

デジタルサイネージで市民が身近な情報を手軽に発信。
地域活性化に向けた環境整備に貢献
 
身延町様・増穂町(現富士川町)様

身延町様・増穂町(現富士川町)様

「デマンド交通システム」で住民の声に応える利便性の高い交通環境を実現
 
 

※文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

※文中記載の法人・団体名・組織名・所属・役職・サービス名などは、全て2010年10月取材時点でのものです。