法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 加藤段ボール 株式会社様


VPNやWi-Fiなど通信環境の強化によって
将来の成長を支える「土台」を築く

加藤段ボール 株式会社様

【業種】製造業 【従業員数】約140名(2017年11月現在)
【所在地】千葉県野田市 【事業内容】段ボールシート及び段ボールケースの製造販売
  • 製造業
  • 従業員数101~300名

お客さまの
課題

  • 各拠点からの情報を集約する必要が生じ、基幹業務システムの通信量が増大しても安定した通信が可能なVPNを求めていた
  • 通信環境を改善・強化して、さらなる業務効率化を図りたいと考えていた
  • ICT担当者が1人しかいないため、担当者不在時にICTに関する障害が発生すると、対応が遅れて業務に支障が出る恐れがあった

サービス
導入効果

  • 「フレッツ・VPN プライオ」への切り替えにより、通信量が増大しても対応可能な通信環境を構築でき、お手軽に新基幹業務システムの安定運用が実現した
  • 情報セキュリティ対策やWi-Fiの保守管理をNTT東日本が担うことでICT担当者の負担が減り、担当者1人で管理していた従来に比べてICTトラブル発生時の解決にかかる時間の低減につながった
  • 導入サービスにより業務効率化が実現し、営業面の強化と「働き方改革」の実現に向けて取り組むことができるようになった

お客さまの声

加藤段ボール 株式会社
代表取締役社長 石井 均

各拠点からの情報集約の必要性に伴い、通信環境を改善・強化して、さらなる業務効率化を図りたいと考えていました。導入サービスにより業務効率化とICT担当者の負担軽減が実現。営業面の強化と「働き方改革」の実現につなげています。

加藤段ボール株式会社様は、主力の段ボール製品をはじめ、印刷化粧箱や緩衝材などの製造と販売を行う会社です。現在、福島県内の2工場、千葉県内・神奈川県内の各1工場と千葉県野田市の本社を含む5拠点で事業を展開しています。

導入に至った経緯とは?詳しい内容をPDFでダウンロードできます