法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 松戸市様


松戸市様

市が提供する子育て支援システムで育児の負担軽減や利便性向上を実現
「子育てにやさしいまち」を目指す

松戸市様

導入の背景

安全で安心な子育て環境の整備に向けて子育て支援システムを構築し、利便性の向上や、子育ての不安・孤立感の解消を図りたいと考えた。

選定のポイント

  • 育児の負担解消や利便性を向上する使いやすいシステム
  • 子育ての要望を柔軟に取り入れてシステム構築できる実行力
  • 松戸市の基幹系システムの構築・支援を手がけた実績

期待される効果

  • 先進システムによる、安全で安心な子育て環境の実現
  • 豊富で多彩な情報提供による、子育ての不安や孤立感の解消
  • 乳幼児の一時預かり施設の拡充などによる利便性向上

安全で安心な子育ての実現を目指して、ICTを積極活用

「住んでよいまち 訪ねてよいまち まつど」をまちづくりの基本方針に掲げ、「子育て・教育・文化を軸とした都市ブランドづくり」「人と人とのつながりを大切にした地域コミュニティの創造」を目指す千葉県松戸市。江戸川を挟んで東京都に隣接し、都心に通いやすいロケーションということもあって、子育て世代の家庭も数多く居住しています。そんな中、松戸市では、子育て支援に重きを置いた施策を展開、NPO法人と連携して乳幼児の一時預かり施設の運営や、子育て情報の発信などに積極的に取り組んでいます。

市では、公式ホームページの子育て情報に関するコンテンツへのアクセスが多いことから、情報提供の重要性を認識するとともに、子育て支援にICTの活用が有効と考え、総務省の「ユビキタスタウン構想推進事業」に応募。子育て支援システムの構築により、安全で安心な子育て環境の実現を目指すという市の構想が同事業の認定を受けました。そして、子育て支援に寄与する「子育てにやさしい情報システム」を通じて、安全で安心な子育て環境の整備を図ることとなりました。

子育て支援システムで育児の不安を解消、利便性も向上

「まつドリーム事業」とは、子育て世代のニーズに合った情報を「必要な人に必要な時期に」「的確かつタイムリー」に提供できる環境を用意するとともに、ICTの活用で子育てに関する「不安の解消」「利便性の向上」を目指そうというものです。

そうした子育て支援を目的とした「子育てにやさしい情報システム」は「専用ホームページ(まつどあ)」で子育て世代へのタイムリーで分かりやすい情報提供を行うことに加えて、「子育てみらいカード(住基カード)」を交付し、忙しい子育て世代に便利で嬉しいサービスを提供していくという大きく2つの柱から構成されています。 それぞれの具体的な提供機能や要件の検討は、子育て支援課、市民課、商工観光課、IT推進課など多くの担当が連携して進めていきました。そして、この「子育てにやさしい情報システム」の構築作業を担当することとなったのが、以前から市の行政のIT化を支援してきたNTT東日本でした。

松戸市子育て支援「まつドリーム事業」

子育て家庭のニーズを把握して、使いやすいシステムを目指す

NTT東日本は、これまでにも松戸市の基幹系システム更改においてプロジェクト全体の管理を担当するなど、市民サービスの向上に寄与するさまざまな施策のお手伝いをさせていただきました。今回も、公募を経てシステム構築の事業者としての認定を受けたことから、NTT東日本は、「まつドリーム事業」の実現に向けたシステム構築に取り組むこととなりました。

松戸子育て情報サイト「まつどあ」画面

松戸子育て情報サイト「まつどあ」画面

システム構築に際してNTT東日本では、より使いやすく、実際の子育てに役立つようなシステムを構築したいと考えました。市からの委託を受けて松戸子育て情報サイト「まつどあ新規ウィンドウで開く」の運営や、乳幼児の一時預かり施設「E-こどもの森・ほっとるーむ」を運営しているNPO法人と協力し、専門家の意見を積極的に取り入れることで、利用者の目線に立った情報提供や子育て支援システムの実現を目指すこととなりました。

また、従来の市のホームページでは、子育て情報が分散していて情報を入手しづらいとの意見が出ていたことから、松戸子育て情報サイト「まつどあ」に子育て情報を集約。さらに、「メールマガジンサービスシステム」「マイページサービスシステム」「FAQサービスシステム」とのシステム連携を図ることで、「まつどあ」上でメールやマイページ、FAQサービスを利用できる環境を整備することとなりました。

子育て支援が盛んな自治体の全国2位に認定

子育てみらいカード協賛店舗「畑直ステーション」

子育てみらいカード協賛店舗
「畑直ステーション」

松戸市の「子育てにやさしい情報システム」は2010年10月から稼働を開始しました。これにより、メールやホームページで最新の子育て情報を手軽に入手する、乳幼児の一時預かり施設の空き具合の確認を行う、子育てみらいカードを用いてコンビニで住民票や印鑑証明書を取得する、商店街で割引を受ける--といったサービスを提供可能になりました。こうした子育て支援サービスの提供を通じて、利便性は大きく向上、子育て家庭の負担も軽減されるなど、「子育てにやさしいまち」の実現に貢献しています。

この子育て支援の取り組みは「子育て支援★まつドリーム事業」の名称で市民に知られており、認知度が高まるにつれ、サービスに期待する声も多く寄せられています。さらに、民間団体「にっぽん子育て応援団」が2011年3月に実施した調査において、松戸市は「子育て支援が盛んな自治体」の全国2位に認定されました。子育て支援システムへの対応状況や市民活動団体と市との連携、子育て情報の充実ぶりが高く評価された結果であり、全国の自治体も松戸市の展開する取り組みに大いに注目しているといいます。

今後も子育て環境のより一層の充実を目指す松戸市。NTT東日本では、市民の役に立つ先進システムの構築や安定運用を通じて、「子育てにやさしいまち」の実現に積極的に挑む松戸市の取り組みを、さまざまな角度から積極的に支援していきます。

  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2011年7月時点のものです。

関連導入事例
埼玉県富士見市様
【安全性と利便性を両立した校務環境のシンクライアント化】
シンクライアントシステムをデータセンターに構築し、学校や自宅から安全・快適に利用できる環境を整備
青森県蓬田村様
【ICTの活用で子どもたちの意欲を引き出す環境を整備】
教育現場が求めるICT環境の具現化や実践的な研修など、授業支援アプリケーションの導入から活用までをサポート


福島県 環境創造センター様
来訪者へのWi-Fiサービスと大規模会議でのスムーズなネットワーク利用環境を整備。
秋田市役所様
最新鋭のICT環境を備えた「災害対策本部室」を新庁舎に設置、
迅速な状況判断や被災者支援をめざす
茨城県五霞町様
PC教室のサーバーをクラウド移行し信頼性を向上
タブレットPCや電子黒板を活用し協働学習を実践
秋田県町村電算システム共同事業組合様
県内12町村の行政情報システムを共同化してクラウドへ移行
運用コストの軽減と住民サービスの向上を目指す
「公共・自治体」の導入事例をすべて見る