法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 日本工業大学様


日本工業大学様

高度で快適なIT環境を提供する図書・情報複合施設の設立

日本工業大学様

導入の背景

創立百周年を記念して設立された図書・情報複合施設として、図書情報やパソコン、インターネットの活用を目指したIT環境を整備し、学生サービスの向上を図りたいと考えた

選定のポイント

  • 長年にわたってキャンパスのネットワーク化を支えてきた実績
  • システム・インテグレータとしての統率力や機動力への期待
  • ベンダーフリーの総合力や技術力に対する安心感

期待される効果

  • 映像学習やインターネット接続環境の充実による学生サービスの向上
  • シンクライアント端末やネットワーク整備による端末管理の効率化
  • ノートPCを学習に活用するための電源設備やネット接続環境の整備

創立百周年を機に、先進のITを駆使した図書・情報複合施設を設立

都心から電車で約50分という、関東一円からの通学にも好立地な埼玉県郊外にキャンパスを構える日本工業大学。「実学重視」「ものづくりスピリット」をモットーに、体験学習に重きを置いた教育カリキュラムを展開、実践力を備えたエンジニアの育成に努めてきました。

そんな日本工業大学が、2007年に創立百周年を迎えるのを機に、記念事業の一環として設立される「百年記念館」のIT環境整備に動き出したのは、 2005年のことでした。図書館の建て替えに端を発した計画でしたが、9階建ての開放的で明るい館内に、映像設備の整ったマルチメディア教室やインターネット接続環境を完備したカフェテリアを併設。「百年記念館」には、学生・教員が「知」を求め、共有し、そして対話を重ねる「人と情報の交流の場」としての機能が求められていました。

LCセンター

LCセンター

記念館の基本的な構想は、図書館とマルチメディア・情報関連施設を一体化し、最新の図書館機能と情報関連機器を充実させた複合施設「LCセンター」(LC:Library and Communication)を設立するというものでした。ICカード化されている既存の学生証を活用して、セキュアかつ運用管理の省力化を目的とした入館管理、図書貸出システム、ICタグによる蔵書管理システムの実現や、館内のさまざまなエリアでインターネットを利用できる環境を整備することなどが、主なシステム要件でした。また、日本工業大学ではこれまで、キャンパス内のカフェテリアやほぼすべての教室に無線LAN環境を構築、ノートPCの活用を推奨してきましたが、各教室の電源コンセントの数が限られていたことから、新たに建設する記念館には、十分な電源の整備も必要とされました。

独創的で美しい建築フォルムを持ち、キャンパスの新たなランドマークとなる「百年記念館」設立に際して、先進的かつ実用性に優れたIT環境を提供することで、実際に利用する学生や教職員のニーズに応えたのが、NTT東日本の大学ソリューションだったのです。

多種多様でデザインにも配慮した機器類を、夏休みの短期間で導入

NTT東日本はこれまで、校舎間を結ぶ教育研究用のネットワークの高速化を図るなど、日本工業大学と共同でキャンパス全体のインフラ整備を手がけてきました。2005年には、それまで稼働していた10MbpsのATMネットワークを更改して、1Gbpsの光ファイバーで二重化する基幹ネットワークを構築、建物内の支線部分では100Mbpsの高速回線を提供するとともに、キャンパス内の無線LAN環境も整備しました。その後もネットワークの保守運用を手がけるなど、長年にわたる実績に基づいて、NTT東日本では今回、ネットワークの実情と学生・教職員のニーズに即したシステム提案を行うとともに、詳細なコンサルティングを実施。図書・情報複合施設「LCセンター」に求められるIT設備やシステム構築の仕様を策定することとなりました。

そこで、NTT東日本の埼玉支店とビジネスユーザ事業推進本部が共同で取り組むことで、NTT東日本グループとしての総合力を発揮、マルチベンダーとしての多種多様な提案力や豊富なリソースをフルに活用することとなりました。協力会社や大学側の担当者を交えた定例会や分科会を定期的に実施、定例会だけでも1年間で66回を超えるなど、詳細かつ着実に打ち合わせを重ねていきました。2005年に計画が持ち上がった今回の案件は、実際のシステム構築まで2年間をかけて具体的な仕様を確定、万全を期してシステム構築に臨むこととなったのです。

マルチメディア教室

マルチメディア教室

「LCセンター」の全体像が具体的に決定されるにつれ、機器の購入や調達など、協力会社は17社を超え、導入するシステムやネットワーク機器は膨大な数に及ぶこととなりました。入館の際のICカード認証や学生各自のノートPCからキャンパスネットワークシステムへのログイン認証をはじめ、マルチメディア教室の視聴覚設備、館内の要所に設置される無線LAN設備やインターネット接続端末、入館ゲートやネットワークカメラなどのセキュリティー設備など、多種多様な機器納入やシステム構築が必要となりました。当時、記念館はまだ建設中の段階であるため、建物全体や内装工事とのスケジュール調整を行いつつ、実際のシステム構築期間は学生が夏休みに入る約3カ月間に限られるなど、制約が多い中でのシステム構築となることが予想されました。

「百年記念館」は2006年4月に着工、NTT東日本が担当する館内のシステムは2007年6月に構築を開始しました。事前に作成した綿密なスケジュールに従って工事は順調に進んでいきました。館内の美観に配慮して、ネットワークカメラを目立たないよう設置したり、内装の変更に合わせて、当初の予定とは異なるデザインの入館ゲートをベンダから急遽、調達して設置するなど、さまざまな要望にも臨機応変に対応。機能性とデザイン性のバランスを最大限に考慮しつつ、機器導入やシステム構築を実施していきました。

こうして約3カ月後の2007年9月に竣工、10月には日本工業大学の新たなランドマーク「百年記念館」が誕生するとともに、先進のIT設備を取り入れた図書・情報複合施設「LCセンター」が稼働を開始したのです。

先進設備の整った「LCセンター」を活用して、学生サービス向上へ

今回の「LCセンター」に導入されたIT設備は以下のとおりです。

まず、館内の情報ネットワーク環境について、2階サーバー室内に設置されたLCセンターのサーバーは、10Gbps対応の光ファイバーにてキャンパス内の基幹ネットワークと接続、キャンパスのどこからでも百年記念館の蔵書検索システムなどが利用できる仕組みとなっています。インターネット接続環境は、各学生が所有するノートPCから館内随所に配置された無線LANアクセスポイントを経由してIDとパスワードでキャンパスの教育システムにログインできる環境を整備。電源コンセントは、図書館の書架やカフェテリアのレイアウトに応じて、床下のフロアコンセントを主体に各所に配置されています。常設されているインターネット接続用のパソコンに関しても、シンクライアント端末とすることで、運用管理の省力化と安全性確保を実現しています。

利便性を損なうことなく、高い安全性が求められる館内のセキュリティー設備に関して、入館から書籍類貸出、各種サービス利用管理にいたるまで、学生証を利用した非接触型のICカードによる認証システムを導入することで、学生の利便性向上を図るとともに、教職員の作業効率化を実現しています。また、館内の要所には、入館管理システムと連動したネットワークカメラを設置、入館時のカード認証と連動して入館履歴管理や不正行為検出時の撮影開始なども行えるようになっています。このようにカード認証と映像記録を実施することで、二重のセキュリティーシステムを実現しました。

NTT東日本 埼玉支店 法人営業部 公共第三部門 SE担当 湯原孝明

NTT東日本 埼玉支店
法人営業部 公共第三部門
SE担当
湯原孝明

さまざまな用途への活用が期待されるマルチメディア設備については、大人数を収容できるマルチメディア教室には授業機能やシアター機能を装備、電動昇降スクリーンやデジタルプロジェクタ、授業を録画できる録画システム、電動カメラ・音響装置などを完備しています。講義資料用のパソコン画面と講義風景とを自在に切り替えられる、映像教材コンテンツ作成機能を完備しています。視聴覚設備は、館内の情報ネットワークと接続され、講演などの映像を館内のカフェテリアや第3ゼミ室へ配信、映像教材のVODサービスにも対応しています。

こうしたLCセンターの多彩な機能をフル活用して、日本工業大学では今後、学生支援サービスの向上に大いに役立てていきたい考えです。そのご要望に応えるべく、NTT東日本では、より使いやすく安定したシステムやネットワークの構築・運用保守を通じて、日本工業大学の目指す実践力を備えたエンジニアの育成に向けて、さまざまな角度からサポートしていきます。

  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて取材時点のものです。

関連導入事例
帝京科学大学様
【基幹サーバーをデータセンターに移行してBCP対策を強化】
基幹サーバーの仮想化による一元管理を実現、キャンパス間ネットワークの高速化や学生サービスを向上
埼玉県富士見市様
【安全性と利便性を両立した校務環境のシンクライアント化】
シンクライアントシステムをデータセンターに構築し、学校や自宅から安全・快適に利用できる環境を整備
青森県蓬田村様
【ICTの活用で子どもたちの意欲を引き出す環境を整備】
教育現場が求めるICT環境の具現化や実践的な研修など、授業支援アプリケーションの導入から活用までをサポート
芝浦工業大学様
視聴履歴やログ収集に着目して講義収録・配信システムを更改 学内システムとの連携強化で学修成果の可視化が可能に
健康科学大学様
SINET接続を含めた大学ICT環境をトータルコーディネート!
さらにNTT東日本データセンターにシステムアウトソーシングし、BCP対策およびTCO(運用稼働費含めたトータルコスト)の削減を実現!
国分寺市教育委員会様
【図書館ネットワークやPC教室を一斉更改】
図書館システムやPC教室、ネットワークの一斉更改を通じて信頼性と利便性を向上し、一元的な運用保守体制を整備
「教育」の導入事例をすべて見る