NTTナ?ニ?ヒワ・キ・?・ワ・?・チ。シ・?

都市対抗野球大会と野球部の歴史

社会人野球の起源は1878年(明治11年)。後に「日本で初めてカーブを投げた選手」と言われる鉄道技師・平岡煕ら新橋鉄道局の職員たちが、「新橋アスレチック倶楽部」を結成したのが始まりとされています。
社会人野球の黎明期は第一次世界大戦後の1916年前後(大正5年)。この頃から次々と社会人チームが設立され、1920年(大正9年)には、都市対抗野球大会の基盤となる全国実業団野球大会がスタートしました。
1927年(昭和2年)には、名称を現在の都市対抗野球大会と変更。第二次世界大戦により一時は中断を余儀なくされたものの、太平洋戦争の翌年の1946年(昭和21年)には早くも再開され、社会人野球はプロ野球、大学野球、高校野球と共に人気を博しました。
大会への参加資格があるチームは、企業等の法人が設立し、従業員等で構成された「会社登録チーム」。その他のチームをクラブ化した「クラブ登録チーム」に分別していましたが、現在では、NTT東日本のように従業員以外でも参加できる複合企業型や独立法人型、専門学校のチームでも会社登録扱いとして出場できるなど、門戸が広がっています。
都市対抗野球大会の醍醐味は、なんといっても優勝の証である「黒獅子旗」を手にすること。 

プロ野球や学生野球のチャンピオンフラッグとは異なり、優勝旗にはバビロンのレリーフをモチーフとして黒獅子が描かれているなど、趣向が凝らされています。 強さと勇敢さの象徴。この旗を掲げることは、社会人チームのステータスでもあるのです。
黒獅子旗以外にも、準優勝チームには白い獅子が描かれた「白獅子旗」、3位チームには黄色の獅子が描かれた「黄獅子旗」が授与されます。
また、都市対抗野球大会は、社会人野球に多大な功績を遺した人物へのオマージュを込め、選手、チームなどに贈られる各賞に彼らの名が冠されていることも大きな特徴です。
最高殊勲選手に贈られる「橋戸賞」は、東京日日新聞(現在の毎日新聞)の記者であり、都市対抗野球大会の実現に尽力した橋戸頑鉄氏。敢闘賞に相当する「久慈賞」には、戦前の野球界の名捕手で、試合中に不遇の死を遂げた久慈次郎氏。大会中に活躍したチーム、監督、選手に贈られる「小野賞」には、大会の発展に力を注いだ小野三千麿氏。彼らの精神は、今も社会人野球に色濃く受け継がれています。さらに1973年(昭和48年)には、新たに最優秀新人賞の「若獅子賞」が設けられました。都市対抗野球大会での個人賞は、選手たちにとって飛躍への大きなきっかけでもあるのです。

古豪の歴史と伝統を胸に、二度目の全国制覇を目指す

社会人野球の強豪として知られるNTT東日本の歴史は古く、1952年(昭和27年)に電電公社が設立されると、その2年後の1954年(昭和29年)に電電東京が誕生。1959年(昭和34年)には都市対抗野球大会初出場を果たし、1967年(昭和42年)と1977年(昭和52年)にはベスト4と着実に実績を伸ばしてきました。そして、1981年(昭和56年)。チーム結成27年目にして悲願の初優勝。この大会で好投した竹舛和也投手が橋戸賞に輝きました。
その後も、名門チームとして社会人野球をリードしてきたNTT東日本は、1999年(平成11年)に大改革を行います。
それまで、東日本を拠点に置くNTTグループのチームには北海道、東北、関東、東京、信越がありましたが、組織の大幅な再編に伴い各地から選手が集まり、NTT東京の歴史を受け継ぐ形で再スタート。名称も「NTT東日本」と変更し、「東日本社会人野球のドリームチーム」として野球界に大きな話題を呼びました。
2002年(平成14)の都市対抗野球大会でベスト4と実績を作ると、3年後の2005年(平成17年)にもベスト4。

そして、2009年(平成21年)には名将・垣野多鶴氏が監督に就任し、1年目に都市対抗野球大会ベスト4と、3度の日本一に導いた手腕を遺憾なく発揮しました。
チームとしての実績もさることながら、NTT東日本は名選手をプロ野球の世界に輩出していることでも有名です。
社会人時代から剛腕投手として注目され、1989年(平成元年)のドラフト会議で中日ドラゴンズから1位指名を受けた与田剛投手。2000年(平成12年)のシドニー五輪の日本代表選手に選ばれた沖原佳典選手は、プロ野球選手がチームの大半を占めるなか主力を務め、同年のドラフト会議で阪神から6位指名を受けました。近年では、2009年(平成21年)の都市対抗野球大会で4番打者としてチームのベスト4進出に貢献した清田育宏選手がドラフト4位で千葉ロッテマリーンズに入団。2010年(平成23年)の日本シリーズで活躍するなど、1年目からレギュラーとして結果を残しました。
輝かしい実績と経験豊富な指揮官、そして完成度の高い選手たちの力で、NTT東日本は今年、都市対抗野球大会制覇を目指します。

準優勝できるなんてすごい!!とおもいました!ほんとにどちらが勝ってもおかしくない試合だった。昨日の興奮が残っててうまく言葉にできない〜来年の7月が今から楽しみです☆

まどえもん

  • 補強選手
  • 都市対抗野球大会と野球部の歴史
  • チームメッセージ
  • 会場までのアクセス 京セラドーム大阪
  • 東京都代表決定戦トップ
  • 去年度の大会はこちら
  • スペシャルコンテンツギャラリー
  • SUPPORTERS
  • JABA日本野球連盟