NTTナ?ニ?ヒワ・キ・?・ワ・?・チ。シ・?

試合結果(ハイライト)

[第二代表決定戦] NTT東日本 vs セガサミー [○ 5-0]

6月28日(火) 13:00〜 明治神宮球場(三塁側)

 第一代表決定戦の苦い敗北から一夜明け、迎えたセガサミーとの第二代表決定戦。この絶対に負けられない一戦に、NTT東日本は素晴らしいプレーを見せた。攻守に磐石の試合運び。5対0の完封勝利で、3年連続36回目の都市対抗出場権をつかみ取った。

福井は立ち上がりから低めにボールを集める丁寧なピッチング。

福井は立ち上がりから低めにボールを集める丁寧なピッチング。

二回に鮮やかな連打で先制。
先発・福井も落ち着いたピッチング。

 代表の座に執念を燃やすNTT東日本は、序盤から積極果敢なバッティングでセガサミーの先発投手に襲い掛かる。初回に迎えた無死一・二塁の好機は惜しくも無得点に終わったが、二回には先頭・越前がフォアボールを選び、出塁。続く平野、梶岡が立て続けにライト前ヒットを放ち、瞬く間に1点を先制する。
 打線の鮮やかな先制攻撃に、先発・福井も落ち着いたピッチングで応える。30度を超す猛暑の中での登板となったが、今季絶好調のエースは伸びやかなストレートを低目に集め、凡打の山を築いていく。
 福井が素晴らしい立ち上がりを見せたことで、守りにもリズムが出てきた。三塁手・平野が何度も緩いゴロを素早い反応でアウトにすると、二塁手・梶岡は気の利いたカバーリングで二塁を狙ったランナーを刺す。好プレーが生まれるたびに、三塁側スタンドを埋めたNTT東日本ファンから大歓声が沸き起こった。

七回表、北道に特大のホームランが飛び出す。

七回表、北道に特大のホームランが飛び出す。

平野の好守でピンチを切り抜けると、
七回に北道が殊勲の特大本塁打を放つ!

 1対0と緊迫した中で迎えた五回裏、福井が初めてのピンチを迎える。先頭打者にヒットを許し、送りバントを決められて一死二塁。ここで七番打者の痛烈な打球が三塁線を襲う。
 抜けたら同点という危機に、名手・平野が素晴らしい反応を見せた。横っ飛びで打球に食らいつき、タイムリーを阻止。打者走者をアウトにすることはできなかったものの、二塁走者を釘付けにしたのだ。この平野の美技は、エースを大いに勇気づけた。福井は続く一死一・二塁のピンチを見事に切り抜け、打線の奮起を待ち続ける。
 初回から毎回安打を放ちながら、追加点を奪えなかったNTT東日本。だが七回、一死二塁という好機に北道が殊勲打を放つ。相手二番手・木村佳の投じた高めのストレートを強振すると、打球は美しい放物線を描き、ライトスタンド中段に弾んだ。
 追加点を信じて炎天下の中、必死の応援を繰り広げていた三塁側スタンドは、頼れるキャプテンの一打にお祭り騒ぎとなった。

垣野監督を選手が胴上げ。

垣野監督を選手が胴上げ。

力投の福井は4安打で相手打線を完封。
投打噛みあう試合運びで歓喜の勝利!

 3点のリードを得て、福井はなおも力投を続ける。
 終盤に差しかかると疲れから制球が乱れ、何度もスリーボールになる場面が続く。だが、垣野監督が絶大な信頼を寄せるエースは、苦しい中でも強気の姿勢を崩さなかった。大胆かつ冷静なピッチングで相手打線を打ち取り、スコアボードにゼロを刻んでいく。
 観る者を熱くするエースの力投に、打線はさらに奮起した。
 九回表に岩本、目黒が連続ヒットを放ち、無死一・三塁のチャンスを作ると、この大会絶好調の北道がセンターに大飛球を打ち上げ、三塁から岩本がタッチアップで生還。さらに仕上げとばかりに、八回からレフトの守備についた小林が痛烈なタイムリー二塁打を放つ。目黒がホームを踏み、NTT東日本は5対0と大きく敵を突き放した。
 蜃気楼が立ち上る猛暑の中、九回裏のマウンドに上がった福井は、一死からヒットを許したものの、4安打のシャットアウト。最後の打者がレフトフライに倒れた瞬間、ナインが次々とマウンドに殺到し、歓喜の山が出来上がった。

 前日の敗戦を引きずらず、最高の試合運びをしてのけたNTT東日本ナイン。これは心・技・体の充実を物語る勝利といっていいだろう。第二代表の座をつかんだ歓喜の余韻が残る神宮で、選手たちは早くも10月の都市対抗を見据えていた。
 殊勲の先制打を放った梶岡がいう。
「このチームは始動時から日本一を目指して、厳しい練習に励んできました。大阪で行なわれる全国大会で、その目標を達成するために、これから最大限の準備していこうと思います。社員の方々に夢や希望を与えるのが、ぼくたちの仕事。そのためにも、全力でプレーして結果を出したいと思います」
 会心の勝利は、あくまでも日本一への通過点。NTT東日本は、「極み」に向けて進化を続ける。

準優勝できるなんてすごい!!とおもいました!ほんとにどちらが勝ってもおかしくない試合だった。昨日の興奮が残っててうまく言葉にできない〜来年の7月が今から楽しみです☆

まどえもん

  • 観戦の楽しみ方
  • 都市対抗野球大会の見どころ
  • 会場までのアクセス
  • 第82回都市対抗野球大会トップ
  • 去年度の大会はこちら
  • スペシャルコンテンツギャラリー
  • SUPPORTERS
  • JABA日本野球連盟