NTTナ?ニ?ヒワ・キ・?・ワ・?・チ。シ・?

第81回 都市対抗野球大会第81回都市対抗野球大会 トップページ

試合結果(インタビュー)

[本大会 第二回戦] NTT東日本 ○ 7-0 トヨタ自動車9月4日(土) 14:00〜 (東京ドーム)

垣野監督

昨年度準優勝チームのトヨタ自動車を破った垣野多鶴監督

「先発・福井は、信頼してマウンドに送り込みました」

先発の福井が頑張ってくれたのが一番の勝因です。福井には、練習の中で低めにボールを集めることを徹底させていたのですが、それができるようになったことで大きく成長し、連打や長打を打たれることが少なくなりました。だから今日の試合でも信頼してマウンドに送り出すことができました。継投は予定通り。もう少し福井に投げさせても大丈夫だったと思うのですが、大事に試合を取りにいきました。
打撃面では、楽な試合運びにするためにもっと早く追加点が欲しかったですね。でも7点も取れたのは、打てなかった前の試合を反省して、修正を加えたことがよい結果に結びついのだと思います。
本日もたくさんの方が球場に足を運んでくださり、ありがとうございます。みなさまの応援が力となります。次戦以降も頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

北道選手

キャプテンとしてチームを率い、自身も2安打を放った北道貢選手

「これからも自信を持って戦っていきます」

初回に3点を取れたことと、次の1点を取るまでに福井が粘り強く投げてくれたことが大きかったですね。打撃面では、チーム全員が思い切って振っていくバッティングができたのがよかったと思います。相手の先発投手は、今年の長野大会でも一度対戦しているピッチャーなので、今日の試合では一人一人がイメージを持ってバッターボックスに入ることができました。また自分自身はトップバッターとして、後につなぐために何が何でも塁に出てやろうという気持ちで臨んでいます。
次は優勝候補のJR九州戦ですが、自信を持って前へ前へと攻めていく戦い方がしたいですね。みなさまの応援が自分たちを後押ししてくれますので、準々決勝以降も力強い応援をよろしくお願いいたします。

福井選手

六回を投げて相手打線を無得点に抑えた福井和哉投手

「練習してきた通りのピッチングをすることができました」

正式に先発を言い渡されたのは昨日です。でも心の準備はできていました。予選を終わってから本大会まで、低めにボールを集めることと、気持ちを切らさずに粘り強く投げることを心がけて練習してきました。調子はそれほどよくなかったのですが、今日の試合でも練習通りのピッチングができたと思います。自分が投げたボールに、相手打者が差し込まれる場面も多く、納得のいく投球ができました。
これから連戦が続きますが、もし自分が投げる機会があったら、また今日のようなピッチングをしたいですね。

荒川投手

初回、走者一掃の二塁打を放った荒川正志選手

「来たボールに食らいついて打ちました」

今日は、ドームでは初先発となる福井が登板しているということもあり、何とか先制点を取って福井を楽にさせたいと思っていました。あの打席、追い込まれるまでは真っ直ぐ一本で待っていたのですが、ツーストライクになってからは食らいついて打つことだけを考えていました。「犠牲フライでも十分」と思っていたのですが、外野の頭を抜ける当たりになるとは! 伸びてくれてよかったです。
軸になる選手が活躍できていることもあり、チームの雰囲気はとてもいいいですね。自分もいいところで点につながる一本を打てればと思います。自分は気持ちでいく選手。ファンのみなさまには気迫のこもったプレーを見ていただければと思います。

岩本選手

七回、追加点となるソロホームランを放った岩本康平選手

「ホームランだとわかった瞬間は頭が真っ白になりました」

3点をリードした後、監督からはイニングの合間のミーティングで、「あと1点を取れれば勝てる」と言われていました。ホームランを打った八回は、自分が先頭打者だったのでランナーに出ることだけを考えてバッターボックスに立ちました。打った球は内角低めの真っ直ぐ。フルスイングで振り抜きました。打った瞬間は「打球が上がりすぎたな」と思ったのですが、意外に伸びました。ホームランになったとわかったときには、打てたことに自分でも驚いて、頭が真っ白になってしまいましたね(笑)。
今日は7点とって、これで打線も乗っていけると思います。自分自身の調子もだいぶ上がってきました。次の試合も、よいプレーができるように頑張ります。

高尾選手

七回、試合を決定づける3ランホームランを打った高尾佳之選手

「『自分が打って試合を決めよう』という気持ちで臨みました」

前の打席でチャンスを潰していたので、「ここで僕が打って試合を決めよう」という気持ちで打席に入りました。もちろん長打を狙っていました。打った瞬間の手応えは十分。「ホームランだ!」とは思ったのですが、打球の行方を見失ってしまって……。外野手の打球の追いかけ方を見て、ホームランであることを確認しました。打った球は真っ直ぐ。変化球を待っていましたが、体が自然にストレートにも反応してくれました。
今日は4番、5番が打って点を取ることができてよかったです。次はJR九州戦。春のスポニチ大会でホームランを打ったこともあり、好きな相手です。次戦はもっと早い回から追加点を挙げて、ピッチャーを楽に投げさせてあげたいですね。

ページトップへ