NTTナ?ニ?ヒワ・キ・?・ワ・?・チ。シ・?

Baseball 第80回 都市対抗野球大会

ハイライト

第80回 都市対抗野球大会 本大会 準決勝【vs Honda】

ハイライト

高橋がヒットで出塁
1回表、高橋がチーム初ヒットとなるセンター前ヒットで出塁
荒川のセンター前ヒット
1回表、荒川がセンター前ヒットでチャンスを広げる
木城のピッチング
本大会初登板の先発・木城が好投
上田の好捕
5回裏、上田がバックネット際のファールフライを好捕
平野、同点の犠牲フライ
6回表、平野が同点の犠牲フライを放つ
竹内のタイムリー内野安打
6回表、竹内がタイムリー内野安打を放って2-1と逆転
マウンドに駆け寄る垣野監督
7回裏、ピンチの場面、垣野監督がマウンドに駆け寄る
片山のピッチング
木城の後を継いでリリーフした片山が好投

先発・木城、落ち着いた投球で相手打線を抑える頂点まであと2つ。決勝のイスを賭けて臨んだHondaとの一戦は、序盤のうちに主導権を握って試合を有利に進めるチャンスがありながら、その主導権が握れないもどかしい展開となった。

一回表NTT東日本は、一死から高橋がセンター前ヒットで出塁すると、好調の荒川もセンター前にはじき返して一死一・三塁とし、いきなり先制点の絶好機を作る。ところが続く四番・清田が空振り三振。また同時に盗塁のスタートを切った一塁走者の荒川も、二塁で刺されて三振ゲッツー。積極策が裏目に出た形となり、あっという間にチャンスが消えてしまった。

NTT東日本の先発投手は、本大会初登板となる木城。コーナーを丁寧に投げ分ける落ち着いた投球で、一回裏を三者凡退に抑える。二回裏には、二死二塁からレフト前にタイムリーヒットを打たれるが、前半に失ったのはこの1点だけ。三回以降は、要所を締めるピッチングで相手に追加点を与えなかった。

竹内の気迫のヘッドスライディングで、逆転に成功する!木城が好投を続けているだけに、早く同点に追いつき、さらには逆転したいNTT東日本だが、なかなかそれができない。一回表に続いて訪れた得点機は四回表だった。この回NTT東日本は、相手投手から3つの四死球を選んで二死満塁と攻め立てた。ここで一本が出れば、一気に流れをチームに引き寄せる大チャンスとなる。指名打者の菅谷が空振り三振に倒れ、チャンスをモノにすることができなかった。

NTT東日本の打線がようやくつながったのは、六回表。二本のヒットと1つの四球で一死満塁とした場面で、平野が飛距離十分の犠牲フライを放ち、三塁ランナーがホームに帰還。やっとスコアを1対1に持ち込むことができた。さらに続く竹内の放った当たりは、サード前に転がる詰まったゴロ。竹内は懸命に一塁に走り込み、気迫のヘッドスライディングで間一髪のセーフ! 2対1とついに逆転に成功した。

この後もし1点でも2点でも追加点がとれていたなら、もともと投手陣は盤石であるだけに、NTT東日本はかなり試合を有利に進めることができたはずだがHondaも簡単には主導権を引き渡してはくれない。

まさかのスクイズと痛恨のエラーで逆転を喫す七回裏、木城は連打を浴び、一死一・三塁のピンチに直面した。ここでHondaがとった策は、NTT東日本の意表を突いたものだった。打席に入った佐伯が、木城の初球をいきなりスクイズしたのだ。ピッチャー前に転がったボールに、木城もよく対応してホームにトスしたが、走者の方が一瞬早く生還。2対2と追いつかれてしまった。

さらに一死一・二塁とピンチは続く。敵に傾きかけた流れを食い止めたいNTT東日本は、ここで好投を続けていた木城から片山にスイッチした。片山は次の打者・小手川をショートゴロに打ち取ったが、ボールが高くバウンドして処理がむずかしい打球となる。ショート・向後がこれにうまく合わせることができず、痛恨の後逸。処理に手間取る間に一気にセカンドランナーがホームに帰り、2対3と逆転を許してしまった。

もう一度流れを引き戻したいNTT東日本。八回表には、一死から清田がレフト前で出塁するが、盗塁に失敗。そして九回表、一塁側スタンドに駆けつけたファンが総立ちで応援するも、走者を出すことができず、三者凡退で終わってしまった。試合終了。NTT東日本の夏が終わった。

スコアは2対3。相手チームに3点は取られたものの、そのうちの2点はスクイズとエラーによるもの。投手陣はよく踏ん張った。それだけに悔しい敗戦となった。

しかし三年ぶりの本大会出場にも関わらず、堂々のベスト4。チームはしっかりとファンの期待に応えてくれたといえるだろう。名将・垣野監督が、NTT東日本に移ってまだ一年目。チームはこれから成長する途上にある。来夏、NTT東日本ナインが今年よりももっとたくましい姿になって東京ドームに戻ってくることを、私たちは楽しみに待ちたい。

このページのトップへ

選手成績

 打数安打打点四死球犠打
北道41000
高橋31010
荒川32010
清田31010
高尾41000
平野20111
菅谷20000
竹内*H21100
上田40000
向後30000
岩本00000
*H 代打 / *R 代走
 回数打者被安打被本塁打奪三振四死球失点自責点
木城6 1/326704022
片山13000010
大竹0 2/32100000

このページのトップへ