NTTナ?ニ?ヒワ・キ・?・ワ・?・チ。シ・?

Baseball 第80回 都市対抗野球大会

ハイライト

第80回 都市対抗野球大会 本大会 準々決勝【vs 日立製作所】

ハイライト

黒田のピッチング
先発・黒田の気迫あふれるピッチング
北道が出塁
先頭打者・北道がレフト前ヒットで出塁
梶岡のファインプレー
セカンド梶岡のファインプレー
上田の二塁打
3回裏、上田が右中間を破る二塁打で出塁
上田のタイムリーツーベース
4回裏、上田が走者一掃のタイムリーツーベースを放つ
マウンドで打ち合わせる黒田と上田
5回表、ピンチを迎え、マウンドで打ち合わせる黒田と上田
荒川のバッティング
8回裏、荒川の犠牲フライで1点を追加
片山の投球
黒田の後を受け継ぎ、好投した片山

先発・黒田、相手打線を封じる完璧な立ち上がり二試合連続の完封リレーで、4年ぶりにベスト8に進出したNTT東日本。ベスト4のイスを賭けて日立製作所と激突した今日の試合もまた、NTT東日本投手陣の盤石ぶりを強く印象づける試合となった。

この日、先発を託されたのは、初戦の伯和ビクトリーズ戦で完封劇の立役者となったエース黒田。今日の黒田は、序盤から抜群の安定感を見せた。一回・二回と相手打線を三者凡退に。三回には先頭打者に初安打を許したが、後続を凡打に打ち取って無失点。今日の黒田は、前回の登板のとき以上にボールにキレがあり、打ち込まれる不安をまったく感じさせない立ち上がりだった。

一方日立製作所の先発も、やはりチームのエースである比嘉。「好投手だけに、簡単には打ち崩せないと思っていた」(上田選手談)という予想通り、比嘉は緩急をつけたピッチングで、NTT東日本打線になかなか的を絞らせなかった。一回裏には北道がレフト前へのクリーンヒット、三回裏には上田が野手の頭上を越える右中間の二塁打で出塁するが、それ以上の連打を奪うことができず、序盤は無失点に抑えられた。

両投手の好投により、ロースコアのゲーム展開の中でどちらか確実にチャンスをモノにできるかが、勝負の分かれ目となることが予想された。

先制点を取られるも、上田のタイムリーですぐに逆転そうした中で、先に得点を挙げたのは日立製作所だった。四回表、日立製作所のクリーンナップが突如黒田に襲いかかった。一死から三番・田中が右中間を破る二塁打で出塁すると、四番・中村はレフト前ヒットを放って一死一・二塁。そして五番・村山が二遊間を破るライト前ヒット。黒田は三連打を浴び、1点を失うことになったのだ。

しかし黒田はここから踏ん張る。続く中倉を力強いピッチングで空振り三振に仕留めると、大久保を平凡なショートゴロに打ち取ってスリーアウト。大量点を取られかねない場面で、1点に抑えたのは大きかった。

点を取られたら、すぐに取り返すのが野球のセオリーだ。NTT東日本打線は四回裏、すぐさま反撃に出る。この回、制球を乱した比嘉から3つの四球を選んで二死満塁。ここで打席に入ったのは、黒田とバッテリーを組む上田。「打ったのは直球。体が素直に反応してバッドが振れた」(上田選手)という上田の当たりは、左中間を破る二塁打。塁上を埋めた三人の走者が一気にホームに帰り、3対1と逆転したのだ。

四回表こそ三連打を許した黒田だったが、その後は安定感のある投球を取り戻した。五回と六回にはヒットを打たれたが、連打は許さない。しかもいずれも単打ばかり。「あまりに調子がいいので、一時は完投させることも考えた」(垣野監督談)というぐらいに、安心して見ていられるピッチングだった。

万全の投手リレーで、試合を締めくくる。ついにベスト4に!!垣野監督は万全の投手リレーで、八回表からは黒田に代えて片山を投入した。片山は走者は許したものの、この回を無失点に抑えてベンチの期待に応える。すると八回裏には、ダメ押しともいえる荒川の犠牲フライが飛び出し、4対1とさらに日立製作所を引き離すことに成功した。

九回表もマウンドに登ったのは片山。先頭打者をセカンドゴロに打ち取る。しかしセカンド・岩本のファーストへの送球がずれて、審判からセーフと判定された。だが片山は、動じることはなかった。次の打者をショートゴロに打ち取り、6−4−3のダブルプレーで、一瞬にして二死までこぎ着ける。そして最後の打者が放った当たりは、平凡なセカンドゴロ。これを岩本が今度は確実に処理してゲームセット。NTT東日本はみごと日立製作所を打ち破り、ベスト4のイスを勝ち取った。

ここまで三試合を戦って、NTT東日本投手陣の自責点はわずか1。上位進出を果たすことができた一番の理由は、投手陣にあるといって間違いないだろう。31日18時からおこなわれる準決勝の相手は、大会前から優勝候補の一角に挙げられていたHonda。この強敵を相手にしても、NTT東日本は自慢の投手力と勝負強いバッティングで、きっと好ゲームを展開してくれるに違いない。

頂点まであと二つ。黒獅子旗目指して奮闘する選手たちに、熱いエールを送り続けよう!!

このページのトップへ

選手成績

 打数安打打点四死球犠打
北道31010
梶岡20000
岩本20000
平野31010
清田30010
高尾20020
荒川21111
菅谷10020
藤田10000
上田42300
向後30000
*H 代打 / *R 代走
2塁打上田(3回、4回)
 回数打者被安打被本塁打奪三振四死球失点自責点
黒田7 0/327606111
片山2 0/38100100

このページのトップへ