NTTナ?ニ?ヒワ・キ・?・ワ・?・チ。シ・?

Baseball 第36回 社会人野球日本選手権大会

ハイライト

第36回 社会人野球日本選手権大会 第二試合【vs 大阪ガス(近畿)】

ハイライト

ピンチを切り抜ける
1回裏、1アウト二塁のピンチを好守備で切り抜ける
大竹のピッチング
速球と変化球を織りまぜ、序盤から大竹が好投を見せる
高橋のバッティング
6回表、2アウト満塁のチャンスだったが、代打・高橋が三振
タイムリーツーベースで先制点を許す
6回裏、レフト線のタイムリーツーベースを浴び、先制点を許す
大竹から木城へ
6回裏、大竹から木城へスイッチし、追加点を許さず
木城のガッツポーズ
8回裏まで、木城が気迫の投球で完ぺきなリリーフを見せる
梶岡のツーベースヒット
9回表、代打・梶岡が意地のツーベースヒットを放ち出塁する
北道のレフト前ヒット
梶岡に続き、北道も“粘り”のバッティングでレフト前ヒットを放つ

先発・大竹が気迫のピッチングで好投を見せる初戦の東邦ガス戦で鮮やかな逆転勝利を挙げ、勢いに乗って臨んだ日本選手権第二試合。大阪ガスを相手に、第一試合に続いての連投となる大竹が気迫のピッチングを見せるも、打線が決め手を欠く苦しい試合展開となった。

NTT東日本は一回表、先頭打者の北道が四球を選び出塁するも、相手先発・岩見の速球に後続が3連続三振に倒れてチャンスを逃す。その裏、先発の大竹も先頭打者に出塁を許し、1アウト二塁のピンチを迎えたが、続く打者のショートゴロを向後が好判断で三塁タッチアウトにし、先制のピンチを切り抜けた。

その後、NTT東日本は二回表に上田がチーム初ヒットを放ち、三回表には死球がらみで2アウト一・二塁のチャンスを作るも、あと1本が出ずに残塁を続ける。しかし、守備では大竹が徐々に調子を上げ、緩急をつけたピッチングで相手打線から内野ゴロの山を築き、五回まで0-0の緊迫した試合展開が続いた。

明暗を分けた六回、満塁のチャンスを逃した後、痛恨の失点ゲームが動いたのは六回の攻防だった。まずは六回表、NTT東日本は、制球を乱した相手投手の球を見極め、先頭の4番・平野が四球で出塁。1アウト二塁とした後、続く清田、目黒の代打・宮内も四球を選び、2アウト満塁のビッグチャンスを作る。スタンドからの大声援を受け、岩本に代わって打席に立った主将の高橋が力強いスイングを見せるが、空振り三振を喫し、絶好の好機を逃した。

先制のチャンスを逃したNTT東日本。その裏、大竹は先頭打者にセンター前ヒットを許したものの、内野ゴロを重ねて2アウト三塁までこぎ着けるが、3番・荒川に四球を与え、2アウト一・三塁のピンチを迎えた。ここで対するは、相手の主砲、4番・山地。緊迫した状況に垣野監督もマウンドに向かい、大竹を落ち着けたが、3球目の内角速球を詰まりながらレフト線へ運ばれ、痛恨の先制点を許してしまった。

垣野監督はここで投手交代を決断し、2番手に指名されたのは木城。この采配が当たり、代わってマウンドを任された木城は、追加点のピンチを気迫の投球で切り、0-1でラッキーセブンを迎えた。

九回表、一・三塁の好機もあと1本が出ず。無念の敗戦反撃を期すNTT東日本は、七回表の攻撃を前に円陣を組み、気合いを入れる。先頭は、今大会好調を維持している北道。北道は期待に応え、左中間へクリーンヒットを放ち、向後がバントで送り、1アウト二塁でクリーンアップにつなげる。しかし、3番・菅谷、4番・平野が相次いで倒れ、惜しくも無得点に終わった。

打線が決め手を欠く中、大竹をリリーフした木城は、逆転に望みを託して七回、八回を三者凡退の好投を見せ、チームを鼓舞する。そして、ついに迎えた九回表。1アウトから代打・梶岡がレフト線に久々の長打となるツーベースヒットを放つと、続く北道も三遊間へ抜ける鋭い当たりを放ち、粘りの連打で1アウト一・三塁のチャンスを作る。同点、そして逆転を信じるスタンドからの声援は最高潮に達したが、2番・向後が三振、3番・菅谷が内野ゴロに倒れ、0-1で無念のゲームセット。安打数では大阪ガスを上回ったものの、チャンスにタイムリーが出ず、わずか1点差の悔しい敗戦となった。

このページのトップへ

選手成績

 打数安打打点四死球犠打
北道43010
向後41001
菅谷40010
平野30010
高尾30010
清田30010
上田41000
目黒20000
宮内*H10010
岩本20000
高橋*H10000
梶岡*H11000
*H 代打 / *R 代走
 回数打者被安打被本塁打奪三振四死球失点自責点
大竹5 2/322503111
木城2 1/37001000

このページのトップへ