NTTナ?ニ?ヒワ・キ・?・ワ・?・チ。シ・?

Baseball 第36回 社会人野球日本選手権大会

ハイライト

第36回 社会人野球日本選手権大会 第一試合【vs 東邦ガス(東海・愛知)】

ハイライト

北道のツーベースヒット
1回表、先頭の北道がいきなりツーベースを放つ
ダブルプレー崩れ
2回裏、ダブルプレー崩れの間に先制を許す
黒田のピッチング
先制を許したものの、5回まで7奪三振と好投を見せた黒田
平野の鋭い当たり
5回、平野がレフト線に鋭い当たりを放つも好捕に阻まれる
大竹のピッチング
6回裏、黒田を代わってマウンドに上がった大竹が好投を見せる
菅谷のツーベースヒット
8回表、菅谷が同点に追いつく起死回生のツーベースを放つ
ホームに戻る高尾
同点のホームを踏む高尾と迎えるナイン
目黒のスリーベースヒット
新人・目黒のスリーベースヒットで一気に逆転

一瞬のスキで先制を許すも、立ち直った黒田が快投を見せる都市対抗野球大会ベスト4進出の自信を胸に、2年連続で社会人日本選手権大会の出場を果たしたNTT東日本。投手陣の柱、黒田を先発に立て、臨んだ一回戦の対東邦ガス戦は、緊迫した投手戦となった。

一回表、先攻のNTT東日本は、先頭打者・北道の目の覚めるようなツーベースヒットでいきなりチャンスをつかむ。先制の期待が高まったが、果敢に攻める北道が三盗に失敗し、絶好の先制機会を逃した。

その裏、先発の黒田は伸びのあるストレートが冴え、2三振と好調なスタートを見せたが、続く二回裏にピンチが訪れた。東邦ガスの4番山本に出塁を許した後、続くバッターの送りバントの処理にわずかな乱れが生じ、ノーアウト一・二塁。さらに、犠打と四球で1アウト満塁となる中、黒田は続く打者を注文どおりの内野ゴロに仕留めるが、ダブルプレー崩れの間に1点を失い、東邦ガスに痛い先制点を許してしまった。

しかし、その後立ち直った黒田は140km/h台のストレートを中心にピッチングを組み立て、三回以降、東邦ガス打線に追加点を許さない気迫のピッチングを展開。一方、NTT東日本打線も回を追うごとに調子を上げる東邦ガスの先発・甲斐の巧みな変化球に苦しみ、二回以降はノーヒット。1対0のまま、前半は緊迫の投手戦が続いた。

黒田から大竹へ継投。粘りを見せるも打線が沈黙NTT東日本は中盤、四回裏の守備から、3番・宮内に代えて主砲の清田を送り、打線の爆発に期待をかける。そうした中、試合が動いたのは六回裏、東邦ガスの攻撃。黒田が先頭打者に粘られて四球を与えると、続く打者の内野ゴロの間に二塁へ進塁を許し、得点圏にランナーを背負う。追加点が許されないこの状況に動揺したのか、さらに黒田は、続く打者にまさかの死球を与えてしまった。

ここで垣野監督は、黒田に代えて、成長著しい次代のエース大竹をマウンドに送る。この采配がずばり的中し、大竹は期待に応え、球威のある速球で4番山本をダブルプレーに仕留め、見事ピンチを切り抜けた。

続く七回表、ラッキーセブンの反撃に期待するスタンドからは大きな声援が送られたが、期待の代打・岩本、主砲・清田から快音は響かれなかった。七回裏にアンラッキーな内野安打からランナーを抱えてしまった大竹。後続の打者にセンター前のタイムリーヒットを許し、痛恨の追加点を奪われ、0-2のまま重苦しいムードが漂う展開になった。

八回にビッグイニング到来。5本の長短打で一気に逆転!七回を終えて、わずか1安打と苦戦が続くNTT東日本。しかし、ドラマは八回表に待っていた。先頭の平野が左中間にヒットを放つと、高尾もライト前に鋭い当たりを運び、ノーアウト一・二塁のチャンスをつくる。続く上田は三振に倒れたが、代打で登場した菅谷が、センターのフェンスを直撃する走者一掃のタイムリーツーベースヒットを放ち、一気に2-2の同点に追いついた。

そして、スタンドが大歓声に包まれる中、続く新人の目黒もライナー性の3ベースヒットで菅谷を迎え入れ、遂に3-2と逆転。さらに2アウト後、北道がこの日2本目となるツーベースヒットを放ち、東邦ガスをさらに突き放す4点目をもぎ取った。

1イニングに5本のヒットを集中させ、鮮やかな逆転劇を見せたNTT東日本。九回裏には内野ゴロの間に1点を失ったものの、最後まで落ち着いたピッチングを見せた大竹が、最後の打者を見逃しの三振で仕留めてゲームセット。2004年以来となるベスト8進出、そして悲願の日本選手権制覇へ。劇的な勝利で初戦突破を果たした。

このページのトップへ

選手成績

 打数安打打点四死球犠打
北道42100
高橋20000
岩本*H20000
宮内20000
清田20000
平野41000
高尾41000
上田30000
宮原10000
菅谷21200
目黒31100
向後30000
*H 代打 / *R 代走
 回数打者被安打被本塁打奪三振四死球失点自責点
黒田5 1/321107311
大竹3 2/313401022

このページのトップへ