TOKYO 2020 PARALYMPIC GAMES 東京2020ゴールドパートナー(通信サービス)

ボート

ROWING

ROAD TO 2020

TOPICS ボートニュース

荒川 龍太選手
東京2020オリンピック競技大会に
出場内定!

2019年より日本の東京2020オリンピック出場枠獲得を目指し挑んできた代表チームは、
5月5日〜7日に海の森水上競技場にて行われた
アジア・オセアニア大陸予選にて、
荒川 龍太選手が
男子シングルスカル(オープン)で優勝を果たし、
日本のオリンピック出場権を獲得するとともに、
日本代表に内定しました。
荒川選手は初のオリンピック出場となります。
またNTT東日本漕艇部としては、
ロンドン2012オリンピック以来2大会ぶりの選手派遣となります。
日本中が注目する栄えある舞台に
全力で挑む荒川 龍太選手へ、
温かいご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

東京2020オリンピック競技大会 ボート競技スケジュール

【競技日程】2021年7月23日(金)〜7月30日(金)
【試合会場】海の森水上競技場(東京都江東区)

■男子シングルスカル
予選7月23日(金)8:30〜12:10
敗者復活戦7月24日(土)8:30〜12:30
準決勝E/F7月25日(日)9:00〜11:40
準々決勝7月26日(月)9:00〜11:20
準決勝C/D7月27日(火)8:30〜12:00
準決勝A/B7月28日(水)8:30〜11:40
決勝F7月29日(木)8:30〜11:50(順位決定戦)
決勝E7月29日(木)8:30〜11:50(順位決定戦)
決勝D7月29日(木)8:30〜11:50(順位決定戦)
決勝C7月30日(金)8:45〜10:55(順位決定戦)
決勝B7月30日(金)8:45〜10:55(順位決定戦)
決勝A7月30日(金)8:45〜10:55

Tokyo2020 Tokyo2020

オリンピック
ボート競技
開催まで
あと

ボート東京2020オリンピック
日本代表選手選考基本方針 第3版(改訂Ver.2)(抜粋)

【競技日程】2021年7月23日(金)〜7月30日(金)
【試合会場】海の森水上競技場(東京都江東区)

1. オリンピック出場権獲得に向けて

ボート競技東京2020オリンピック出場権獲得に向けて、2020年6月に「新選考プロセス」が発表された。
これに伴い、オリンピック出場権が付与される「アジア・オセアニア大陸予選」、「世界最終予選」、特別枠としての「開催国枠」に向け、選考プロセスが推進される。

【2021年に実施される東京2020オリンピック予選競技会(新選考プロセス)】

  1. ・2021年5月5日〜7日 
    アジア・オセアニア大陸予選(東京都 海の森水上競技場)
  2. ・2021年5月15日〜17日 
    世界最終予選(スイス ルツェルン市)
  3. ・開催国枠(特別措置)

【各予選競技会で付与される出場枠数(男女同数)】

種目
シングルスカル
ペア
ダブルスカル
フォア
クォドルプル
エイト
軽量級ダブルスカル
C開催国
招待枠
合計
種目 @
世界
選手権
A大陸別予選 B
世界最終
予選
合計
(クルー数)
アジア
オセアニア
アフリカ アメリカ ヨーロッパ
シングルスカル 9 5 5 5 3 2 29
ペア 11 2 13
ダブルスカル 11 2 13
フォア 8 2 10
クォドルプル 8 2 10
エイト 5 2 7
軽量級ダブルスカル 7 3 1 3 2 2 18
C開催国 1
招待枠 1
合計 59 8 6 8 5 14 103

2. 予選競技会および競技会出場選手の選考について

❶世界選手権
(2019年8月25日〜9月1日/オーストリア リンツ市)
男子派遣種目:
軽量級シングルスカル、軽量級ダブルスカル、オープンダブルスカル
NTT東日本選手出場種目:
オープンダブルスカル 荒川 龍太・山尾 圭太(トヨタ紡織)

試合結果:21位 オリンピック出場権獲得ならず(11位以内が条件)
世界選手権において出場権を獲得できなかったため、アジア・オセアニア大陸予選へ選手を派遣。

❷アジア・オセアニア大陸予選
(2021年5月5日〜7日/東京都 海の森水上競技場)
実施種目
軽量級男女ダブルスカル、オープン男女シングルスカルの4種目

オリンピック出場権獲得条件
4種目のうち最大2種目
・1位となった2種目がオリンピック出場権を獲得する。ただし3種目以上が1位になった場合、その中から日本ボート協会が2種目を選定する。
・1位となる種目がなく、すべての種目が2位以下だった場合は、その中から最上位の種目を1種目選定する。なお、軽量級男女ダブルスカルは最低3位まで、オープン男女シングルスカルは最低5位までに入ることがオリンピック出場権の獲得条件となる。

競技会出場選手
「アジア・オセアニア大陸予選」出場選手は、下記選考レースの成績をもとに選考される。

選考レース スケジュール
1)2021年2月24日(水)・25日(木):
シングルスカル評価レース
2)2021年3月3日(水)〜5日(金):
軽量級ダブルスカルクルー決定トライアルレース

選考レース 出場選手
・オープン男子シングルスカル:荒川龍太
・軽量級男子シングルスカル:宮浦真之、古田直輝
※2020年3月20日〜22日に行われた日本代表候補選手選考会の結果・評価に基づく

選考方法
1)シングルスカル評価レース
・軽量級、オープンの区分をせずシングルスカルレースを行う。
・軽量級選手の体重設定:男子72.5kg以下、女子59s以下とし、レース当日に体重計測を行う。

◎オープンカテゴリーの選手がすべての軽量級選手よりも上位であれば代表決定とする。

※シングルスカル評価レースでオープンカテゴリーの選手が敗れ、日本代表に決定しなかった場合、本人の希望により世界最終予選出場選手の選考レース(2021年3月実施予定)に進むことができる(予選タイムトライアルを免除し、2021年日本代表候補選手選考会からの参加)

2)軽量級ダブルスカルクルー決定トライアルレース
・1)のシングルスカル評価レースにおいて軽量級1位と2位のクルー(以下「1位−2位組」)および軽量級3位と4位のクルー(以下「3位−4位組」)でダブルスカルを編成し、トライアルレースを実施する。
・軽量級クルーの体重設定:男子71.2kg以下、女子58s以下とし、レース当日に体重計測を行う。

◎初日に「1位−2位組」が「3位−4位組」に勝利した場合は、代表決定とする。それ以外の場合は、2日目、3日目のレースを実施する。

※ダブルスカルクルー決定トライアルレースで代表とならなかった軽量級選手は、本人の希望により世界最終予選出場選手の選考レース(2021年3月実施)に進むことができる(予選タイムトライアルを免除し、2021年日本代表候補選手選考会からの参加)。

アジア・オセアニア大陸予選 男子出場選手(2021年2月25日/3月5日内定)
男子シングルスカル:荒川龍太
男子軽量ダブルスカル:古田直輝・西村光生(アイリスオーヤマ)

試合結果および内定選手
男子シングルスカル:優勝 荒川龍太【オリンピック出場内定】
男子軽量ダブルスカル:優勝 古田直輝・西村光生(アイリスオーヤマ)

女子2種目も含め出場4種目すべてで日本チームが優勝したため、上記選考規定及びあらかじめ定めていた各種目の世界最高水準記録をもとに日本ボート協会にて比較・選考の結果、荒川選手が男子シングルスカル(オープン)の日本代表選手に内定。

補足
@上記「シングルスカル評価レース」でオープン選手がアジア・オセアニア大陸予選の日本代表に決定しなかった場合、2021年3月に行われる日本代表候補選手選考会におけるシングルスカルの1位をアジア・オセアニア大陸予選のシングルスカル日本代表とする。
Aアジア・オセアニア大陸予選において種目の1位となったが、オリンピックの参加権利を獲得できなかった場合、そのクルーを当該種目で世界最終予選に派遣する。

❸世界最終予選(2021年5月15日(土)〜17日(月) /スイス ルツェルン市) 派遣種目
オリンピック全種目のうちアジア・オセアニア大陸予選終了時点で出場権を獲得していない種目を対象に、日本代表候補選考プロセスを経て、あらかじめ定める基準をクリアした種目の派遣を予定。
なお、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により2020年11月開催予定の「Head of The ARA」への参加は選考要件から除外する。

オリンピック出場権獲得条件
世界最終予選出場種目のうち、2位以内となった種目がオリンピック出場権を獲得する。

競技会出場選手
「世界最終予選」出場選手は、下記1)〜6)の選考スケジュールに基づき選考される。

選考スケジュール(予定)
1)2020年11月:Head of The ARAへの参加(以下「HOA」)
1)2020年12月および2021年2月:2,000mエルゴテスト記録の提出
2)2021年3月13日(土):日本代表候補最終選考レース予選タイムトライアル
3)2021年3月25日(木)〜27日(土):日本代表候補最終選考レース
4)2021年4月:世界最終予選日本代表クルー決定トライアルレース
5)2021年5月:アジア・オセアニア大陸予選
6)2021年5月:ワールドカップ等の国際大会
※2)、3)ともに戸田ボートコースでの2,000mレースを予定。
※最少単位の最速クルーを選抜するとの考え方に基づき、男女オープンシングルスカルおよびペアにて評価を行う。
※2020年日本代表候補選手選考会における軽量級シングルスカル男女上位4名、オープンシングルスカル男女最上位1名については、予選タイムトライアルを免除し、「2021年日本代表候補選手選考会」本選に参加することを可能とする。
※2020年「Head of The ARA」は選考要件ではないが、開催された場合はトレーニングの一環として、多くの選手の積極的な参加を推奨する。

その他種目の選考について
●男女スカル種目(男女ダブルスカル、男女クォドルプル)
・日本代表候補最終選考レースにおける上位者最大4名がいずれも高いレベルにあって拮抗していると判断した場合には、ダブルスカルまたはクォドルプルを編成し、トライアルレースを実施する。
・日本代表候補最終選考レースの順位、レースタイム、%IDT、トライアルレースのタイム等を総合的に勘案し、男女スカル種目での世界最終予選への派遣クルーおよび派遣の可否を決定する。
※世界最終予選前にワールドカップ等の国際大会が開催される場合は、その結果を評価し最終決定を行う場合がある。

●男女スウィープ種目(男女ペア、男女フォア、男女エイト)
・日本代表候補最終選考レースにおけるオープン男女ペア1 位の世界最終予選への派遣の可否を総合的に判断し決定する。
・日本代表候補最終選考レースにおける上位最大4クルーが、いずれも高いレベルにあって拮抗していると判断した場合には、1位と2位のペアでフォア、または4位までのペアでエイトを編成しトライアルレースを実施する。
・日本代表候補最終選考レースの順位、レースタイム、%IDT、トライアルレースのタイム等を総合的に勘案し、男女スウィープ種目での世界最終予選への派遣の可否を決定する。
※世界最終予選前にワールドカップ等の国際大会が開催される場合は、その結果を評価し最終決定を行う場合がある。

世界最終予選 出場選手(5月10日内定)
男子軽量ダブルスカル 古田直輝・西村光生(アイリスオーヤマ)
※2021年5月5日〜7日に行われた「アジア・オセアニア大陸予選」の結果をもとに出場内定

試合結果
男子軽量ダブルスカル:準決勝敗退 古田直輝・西村光生(アイリスオーヤマ)

世界最終予選にて、古田選手のオリンピック出場権獲得ならず(2位以内が条件)

❹開催国枠(特別措置) 上記2つの予選競技会において、男女のいずれの種目も出場権を獲得できなかった場合、開催国枠として男女シングルスカル各1クルーに出場権が付与される。

◎「アジア・オセアニア大陸予選」にて出場権獲得済みのため、開催国枠での付与はなし。

選考方法
2021年5月に開催予定の「世界最終予選」終了後1カ月以内に開催国枠クルー決定レースを行う。

開催国枠クルー決定レースへの参加選手
1)アジア・オセアニア大陸予選での男女シングルスカルレースの上位2名
2)世界大陸予選日本代表候補選手選考会における男女シングルスカル最上位者1名
男女各3名でマッチレースを行い、1位となった選手を日本代表とする。

3. 日本代表選手の最終決定

日本代表選手はコーチ陣が選定し、強化委員会の提言を受け、
選考委員会の審査を経たうえで、業務執行会議の承認を経て理事会が最終決定する。

スケジュール to 2020

2019年

大会期間
11月23日
12月1日
大会期間 大会名 開催地
11月23日 第14回 Head of The ARA 荒川
12月1日 2000mエルゴ測定 各チームにて

2020年

大会期間
2月23日
3月12日
3月20日〜22日
大会期間 大会名 開催地
2月23日 2000mエルゴ測定 各チームにて
3月12日 日本代表候補選考レース予選タイムトライアル 戸田ボートコース
3月20日〜22日 日本代表候補最終選考レース 戸田ボートコース

2020年新選考プロセス(A:アジア・オセアニア大陸予選選考プロセス / S:世界最終予選選考プロセス)

大会期間
11月
12月6日
大会期間 大会名 開催地
11月(中止) (S) 第15回Head of The ARA(選考要件から除外) 荒川
12月6日 (S) 2,000mエルゴテスト記録の測定 各チームにて

2021年

大会期間
2月21日
2月24日・25日
3月3日〜5日
3月13日
3月25日〜27日
4月30日〜5月2日
5月5日〜7日
5月15日〜17日
 未定 
7月23日〜30日
大会期間 大会名 開催地
2月21日 (S) 2,000mエルゴテスト記録の測定 各チームにて
2月24日・25日 (A) シングルスカル評価レース 戸田ボートコース
3月3日〜5日 (A) 軽量級ダブルスカルクルー決定トライアルレース 戸田ボートコース
3月13日 (S) 日本代表候補最終選考レース予選タイムトライアル 戸田ボートコース
3月25日〜27日 (S) 日本代表候補最終選考レース 戸田ボートコース
4月30日〜5月2日 (S) ワールドカップ第1戦(日本からは派遣なし) クロアチア ザグレブ市
5月5日〜7日 アジア・オセアニア大陸予選 海の森水上競技場
5月15日〜17日 世界最終予選 スイス ルツェルン市
 未定  開催国枠クルー決定レース   未定 
7月23日〜30日 第32回オリンピック競技大会(ボート競技) 海の森水上競技場
  • 出典元:『「2020年東京オリンピック」日本代表選手選考基本方針 第3版(改訂Ver.2)』 (日本ボート協会)