パラ陸上競技

PARA ATHLETICS

ROAD TO 2020

PLAYER PROFILE選手紹介

桑 早生 桑 早生

桑 早生SAKI TAKAKUWA

桑 早生
  • 女子100m(T64)
  • パラリンピックランキング

13

1360 (+0.1)

  • 女子走幅跳(T64)
  • パラリンピックランキング

7

5m27 (-0.2)

ユニバーサル4×100mリレー

日本代表Bチーム

(2020.07.21現在)

2020年東京パラリンピック競技大会の
日本代表推薦選手の選考について(2020年7月改定/抜粋)

【競技日程】2021年8月27日(金)〜9月5日(日)
【試合会場】オリンピックスタジアム(東京都新宿区)

1. 選考対象条件(下記をすべて満たしていること)

  • 1)2021年度日本パラ陸上競技連盟登録会員であること。
  • 2)国際パラリンピック委員会(以下IPC)へ2021年シーズン選手登録をし、ライセンスを取得していること
  • 3)World Para Athletics(以下WPA)の国際競技クラスが確定し、国際競技クラスステータスが
    「Confirmed」もしくは「Review」であること。
  • 4)IPCの公表している東京大会選手出場資格を満たし、実施種目エントリー標準記録を突破していること。

【2020 東京パラリンピック競技大会 参加資格基準】 詳しくはこちら

【実施種目エントリー標準記録】 標準記録突破期間:
2018年10月1日〜2021年8月1日

女子100m(T64)16秒00
女子走幅跳(T64) 3m80

2. 選考基準

1)トラック&フィールド
@世界パラ陸上4位以内入賞
2019Dubai WPA世界パラ陸上競技選手権大会(2019年11月7日〜15日/ドバイ)(以下2019世界パラ陸上)で4位以内に入賞した選手であること(13名内定済み)
A出場資格ランキング枠該当選手
東京パラリンピックランキング(※)6位以内の者
※WPA Rankings - Tokyo2020 Paralympic Games - 24month ranking(2019年4月1日〜2021年4月1日)
Bハイパフォーマンス標準記録突破選手
2018年10月1日〜2021年6月(日付未定)までのWPA公認大会においてハイパフォーマンス標準記録を突破した選手のうち、前述の全割当方式において出場枠未獲得の者でかつ、東京大会8位入賞の可能性のある選手を対象に、選考委員会にて推薦順位を決定する。
したがって、すべてのハイパフォーマンス標準記録突破選手が2020東京パラリンピック競技大会に出場できるものではない。
なお、推薦順位に関する規定は別に定める。

【ハイパフォーマンス標準記録】(2019年11月発表)
女子100m(T64)13秒56
女子走幅跳(T64)5m14

なお、同一競技クラスならびに同一種目において、前述1)の@〜Bの合計選手数が3名を超える場合に限り、 @の選手を最優先にし、次にAの上位者から順に選考し、最後にBの上位者から順に最大3名まで選考する。

2)ユニバーサルリレー
ユニバーサルリレーは、最大16カ国が各国につき1チームをエントリーすることができ、日本チームは出場枠の獲得が出場の条件となる

出場権獲得条件 @2019世界パラ陸上のユニバーサルリレーで上位4チームへの入賞
A2018年10月1日〜2021年8月1日の期間において作成される「WPAユニバーサルリレー出場ランキング」上位12チームのうち、
@で出場枠を獲得していないチームへの付与

上記@またはAの出場資格を取得したとき、ユニバーサルリレーへエントリーする。
ユニバーサルリレーのメンバーは、原則、個人種目で選考される選手で編成する。
ただし、リレーメンバーの編成上、強化委員会による推薦選手を最大2名までバイパルタイト招待枠(※)割当方式でIPCへ申請することがある。

※バイパルタイト招待枠 選手の割当には、パラリンピック競技大会の基本理念が尊重された規定の参加資格割当方式が順守されるが国際パラリンピック委員会(IPC)と国際スポーツ連盟(IF)は目的に準じた参加枠として、バイパルタイト招待枠を採用する。バイパルタイト招待枠は各競技の選手枠総数に含まれ、IFとの連携に基づいてIPCの裁量によって付与されるものである。以下の指針に基づいて割り当てられる。

  • ・特別な事情により正規の条件で参加資格を得られなかったトップアスリートの参加を保証するため
  • ・重度障害選手の参加を促すため
  • ・メダル種目の成立を目的とした選手数の調整のため
  • ・男女の選手数の調整のため

3. パラ陸上競技の割当数

メダル種目
男子 93
女子 74
混合 1
(ユニバーサルリレー)
合計 168
メダル種目 男子 女子 混合 合計
93 74 1
(ユニバーサルリレー)
168
選手枠数
男子 630
女子 470
ジェンダーフリー 0
合計 1,100
選手枠数 男子 女子 ジェンダーフリー 合計
630 470 0 1,100

スケジュール to 2020

2018年

10月1日
10月1日 エントリー標準記録の発表
エントリー標準記録及びハイパフォーマンス標準記録突破期間の開始
ユニバーサルリレー参加資格ランキング対象期間の開始

2019年

4月1日
11月
11月7日
〜11月15日
4月1日 出場資格ランキング枠(パラリンピックランキング)対象期間の開始
11月 ハイパフォーマンス標準記録の発表
11月7日〜11月15日 2019DubaiWPA世界選手権大会(ドバイ)

2021年

4月1日
6月(未定)
8月1日
8月2日
8月27日
〜9月5日
4月1日 出場資格ランキング枠対象期間の終了
6月(未定) ハイパフォーマンス標準記録突破期間の終了
8月1日 東京2020パラリンピック競技大会標準記録突破期間の終了
ユニバーサルリレー参加資格ランキング対象期間の終了
8月2日 競技エントリー提出期限(NPC→LOC)
8月27日〜9月5日 東京2020パラリンピック競技大会(陸上競技)
  • 2020年7月17日改訂
  • ※NPC:国内パラリンピック委員会
  • ※LOC:現地組織委員会
  • 出典元:
  • 「2020東京パラリンピック競技大会の日本代表推薦選手の選考について(2020年7月改定)」(日本パラ陸上競技連盟)
  • 「2020 Tokyo Paralympic Games Qualification Regulations (Revised edition, April 2020)(和訳)」(国際パラリンピック委員会)

ページトップへ戻る
PAGE TOP