ホーム > 企業情報 > サステナビリティ > 4つのCSRテーマについて > チームNTTのコミュニケーション > 人権の尊重 > おもな取り組み


おもな取り組み

おもな取り組み

社内啓発冊子・eラーニングを利用した階層別研修

社内啓発冊子
「ささえあって人になる」

社内啓発冊子「職場におけるハラスメント対応マニュアル」

全社員等eラーニング教材

グループ各社・組織ごとに実施する研修の他、人権啓発室において新規採用社員・新任管理者等を対象に階層別研修を実施しています。新規採用社員に対しては、社内啓発冊子「ささえあって人になる」を活用し、人権の尊重に関する考え方と人権問題を正しく理解すること、新任管理者に対しては、社内啓発冊子「職場におけるハラスメント対応マニュアルさわやかな職場づくりのために」を活用し、ハラスメントを許さない職場づくりをめざすべく、研修を実施しています。また、全社員等を対象に、eラーニング研修にも取り組んでいます。

社員一人ひとりの人権意識の浸透・高揚に向けた人権啓発ポスター、標語の募集

グループの全社員およびその家族等に対し、人権啓発ポスター、標語の募集を行い、優れたものを優秀作品として選定しています。2019年度においても、「人権全般」のテーマに加え、最近問題となっている「SNS等インターネットでの人権問題」、性的指向に関する理解、障がいのある人への配慮、外国人の人権をキーワードとしたテーマについて作品を募集しました。

結果、ポスター251点、標語57,673点の応募があり、その中から優秀作品を12月の人権週間に表彰するとともに、日常的に人権意識の浸透、高揚を図るため、入選したポスターと標語を掲載した「人権啓発カレンダー(2020年版)」を作成し、各職場へ掲出しています。

2020年人権啓発カレンダー表紙

2020年人権啓発カレンダー1月(最優秀賞)

2020年人権啓発カレンダー4月(優秀賞)

人権に関する相談窓口

セクシュアルハラスメントやパワーハラスメント等すべてのハラスメントは未然の防止が重要であることから、ハラスメントの被害を受けていると思う場合(ハラスメントに該当するか微妙なものを含め)や、その発生のおそれがある場合等、一人で悩まず相談できるよう各職場に人権相談窓口を設置しています。

皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。