ホーム > 企業情報 > サステナビリティ > 4つのCSRテーマについて > 人と地球のコミュニケーション > 資源が循環している未来へ > 基本的な考え方と目標と実績


基本的な考え方と目標と実績

基本的な考え方

NTT東日本グループは責任ある企業市民として環境経営を推進していくにあたり、廃棄物対策を重要課題の1つととらえています。循環型社会の形成をめざして、限られた資源を有効に利用し、廃棄物排出による環境影響を低減するために、さまざまな取り組みを推進しています。

目標と実績

通信設備撤去、土木工事に伴う廃棄物については2018年度もゼロエミッション*を達成しており、それぞれ2005年度、2007年度より継続しています。建築工事廃棄物についても、ゼロエミッションを達成できるよう、リサイクル率向上に取り組んでいます。

さらに、2020年度からは、プラスチックの利用削減・循環利用の推進等の取り組み検討を進めていきます。

NTT東日本グループ 全廃棄物最終処分率
NTT東日本 廃棄物最終処分量の環境効率性

※環境・経済活動両面における効率性を定量的かつ長期的に把握するために取り入れている評価指標。「廃棄物最終処分量」の環境負荷要素について、[売上高/環境負荷発生量]で算出。

NTT東日本グループにおける廃棄物量
2008年度実績 2015年度実績 2016年度実績 2017年度実績 2018年度実績 2019年度実績
撤去通信設備 排出量(万t) 10.9 11.4 11.2 10.3 8.9 7.9
最終処分量(万t) 0.00288 0.00046 0.00013 0.00017 0.000242 0.000040
最終処分率(%) 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
建築廃棄物 排出量(万t) 9.4 10.7 3.3 4.3 9.6 20.5
最終処分量(万t) 0.24 0.12 0.08 0.21 0.17 0.28
最終処分率(%) 2.51 1.10 2.4 4.8 1.7 1.4
土木廃棄物 排出量(万t) 9.7 5.1 5.9 5.8 5.5 17.1
最終処分量(万t) 0.10 0.02 0.01 0.00 0.02 0.11
最終処分率(%) 1.01% 0.37% 0.20% 0.08% 0.37 0.65
オフィス廃棄物 排出量(万t) 1.1 0.7 0.6 0.7 1.6 1.4
最終処分量(万t) 0.06 0.00 0.00 0.00 0.01 0.00
最終処分率(%) 5.10 0.50 0.23 0.16 0.32 0.30
トータル
(全廃棄物)
排出量(万t) 31.1 27.8 21.1 21.1 25.7 46.9
最終処分量(万t) 0.39 0.14 0.09 0.21 0.19 0.39
最終処分率(%) 1.27 0.50 0.45 1.01 0.75 0.84

※2008年度は、NTT東日本本社・支店および地域子会社の数値。

ゼロエミッション:国連大学が提唱した構想。産業から排出される廃棄物や副産物が、他の産業の資源として活用され、全体で廃棄物を出さない生産をめざすもの。NTT東日本グループでは、最終処分率1%以下をゼロエミッションと定義。

皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。