ホーム > 企業情報 > サステナビリティ > 4つのCSRテーマについて > 人と地球のコミュニケーション > 低炭素化している未来へ > ICT利用による社会のCO2削減の取り組み


ICT利用による社会のCO2削減の取り組み

関連するSDGs

ソリューション環境ラベル

ソリューション環境ラベル

ICTサービスを利用することによる社会へのCO2の削減効果を定量化してわかりやすく理解するために、NTTグループでは「ソリューション環境ラベル制度」を推進しています。「ICTサービスを利用しない場合に排出されるCO2量をICTサービスを利用することで15%以上削減できる」サービスを環境にやさしいサービスとして認定し「ソリューション環境ラベル」を付与しています。

2020年度は「おまかせサイバーみまもり」「ギガらくカメラ」に対して新たにソリューション環境ラベルを付与しました。今後も、環境にやさしいサービスの普及を推進し社会全体のCO2削減に向けて取り組んでいきます。

ソリューション環境ラベル取得済の商材
ソリューション・設備 ラベル取得年度 従来手法に対する
社会のCO2削減可能割合
フレッツ光 2016 79%
ギガらくWi-Fi ハイエンドプラン+リモートアクセスオプション
18%
フレッツ・あずけ〜るPROプラン 2017 57%
フレッツ・あずけ〜る 93%
駒込データセンター 28%
フレッツ・ウイルスクリア 2018 26%
北海道第2データセンター 38%
練馬データセンター 17%
フレッツ・VPN(フレッツ・VPNプライオ、フレッツ・VPN ワイド 2019 72%
まるらくオフィスサービス 63%
おまかせサイバーみまもり 2020 32%
ギガらくカメラ 31%

従来手段のCO2排出量を100%として、それぞれの割合を表しています。

皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。