ホーム > 企業情報 > サステナビリティ > 4つのCSRテーマについて > 人と地球のコミュニケーション > 自然と共生している未来へ > NTT東日本グループにおける生物多様性保全活動


NTT東日本グループにおける生物多様性保全活動

基本的な考え方

豊かな自然環境は私たちにとってかけがえのないものであり、次世代に継承するためには、自然共生社会を実現していかなければなりません。NTT 東日本グループでは、地域の皆さまとともに、東日本エリア全域で、植樹や里山保全等さまざまな生態系保全活動に積極的に取り組んでいます。

取り組み事例

NTT東日本グループにおける生物多様性保全活動

福島ひまわり里親プロジェクト」への参画

「福島ひまわり里親プロジェクト」とは、NPO法人チームふくしまが2011年から展開している東日本大震災復興支援活動です。現在全国で50万人が参加しています。NTT東日本が「里親」としてひまわりの種を購入し、職場・自宅等でひまわりを栽培し、種を収穫、チームふくしまへ送付するという流れで取り組みを行っています。収集した種はおもに福島各地で「復興のシンボル」としてひまわりを栽培するのに活用していただいたり、バイオエネルギーを抽出し、福島交通のバスの運行に使用していただいたり等しています。

NTT東日本グループは、復興支援という観点と、社員が自宅で行う環境活動という観点の2つの目的で参加しています。NTT東日本グループの中で最初にこのプロジェクトに参加をしたのは神奈川事業部です。NTT東日本の全社的な取り組みとして、神奈川事業部の取り組みを、環境担当者が集まる社内会議でベストプラクティスとして取り上げ、展開することで始まりました。

2019年はOB・OGにも声を掛け参加者数を増やし、約2,270人が自宅でひまわりを栽培し、約200kgの種をチームふくしまへ贈呈しました。また、NTT東日本の公式ウエブサイトには社員が自分で育てた「ひまわりのフォトギャラリー」を掲載しています。写真を共有することで参加者同士の活動を奨励しています。

関連するSDGs

参加者数
種贈呈量

支店における生物多様性保全活動

白神山地植樹ボランティア

くわで穴を掘りブナの苗木を植樹

主催する白神ネイチャー協会代表によるごあいさつ

NTT東日本 秋田支店は、環境保護活動をとおして地域社会に貢献しています。2019年10月には、特定非営利活動法人白神ネイチャー協会が主催する白神山地の「植樹ボランティア」に参加しました。

当日はブナの原生林が広がり世界自然遺産としても知られる白神山地の周辺部に秋田支店から参加した約50名含めた総勢約200名のボランティアが集い、50年後、100年後も変わらず豊かな自然を育んでいくことができるよう「白神・山の森・海の森、二ツ森づくり」を合言葉にブナの苗木512本を植樹しました。

仙台市「ふるさとの杜再生プロジェクト」支援のための電報サービスを通じた寄付

仙台七夕まつりで使用された孟宗竹(もうそうちく)等を再利用した紙を使用したメロディDENPO「ブルーミングフォレスト」

NTT東日本は、仙台市と合意した「『ふるさとの杜再生プロジェクト』を通じたみどりの再生」の推進に向けて、2017年4月より、売上の一部が寄付されるメロディDENPO「ブルーミングフォレスト」を販売しています。このプロジェクトは、仙台市が「杜の都・仙台」の東日本大震災からの復興のシンボルの事業として、市民・NPO・企業等の力を結集し、海岸防災林をはじめとした東部沿岸地域のみどりの再生を図ることを目的としており、2019年は1月から12月までに販売した2013通の売上から、約101万円を仙台市に寄付しました。

また、ボタンを押すと復興支援ソングの「花は咲く」が流れ、その著作権料が被災地への義援金として使用され、復興支援としても役立てられます。

皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。