ホーム > 企業情報 > サステナビリティ > 4つのCSRテーマについて > 人と社会のコミュニケーション > CSR現場レポート2


CSR現場レポート2

Theme 2 人と社会のコミュニケーションCSR現場レポート 現場支援を効率化する映像コミュニケーション 関連するSDGs 8 働きがいも経済成長も 17 パートナーシップで目標を達成しよう

ICT(情報通信技術)と通信インフラを用いた、スマートなコミュニケーション環境を田辺工業との連携により構築し、社会が直面する諸課題の解決に貢献します。

製造業・建設業が直面する課題の解決に向けた業務提携

製造業・建設業は近年、人手不足や熟練技術者の高齢化をはじめとした慢性的な悩みを抱え、より効率的で効果的な現場作業支援・管理の必要性が求められています。NTT東日本グループはかねてより、「地域とともに歩むICTソリューション企業」として、幅広い業種の企業との連携等により社会課題の解決につながるICTソリューションの研究開発・提供に取り組んできました。2019年10月に締結した田辺工業株式会社(以下、田辺工業)との業務提携はその一環です。

田辺工業は基幹事業であるプラント工場の建設・維持・管理に加え、AGV(無人搬送車)やロボットアームの研究開発に注力する等、メカトロニクスの分野でも存在感を増しています。彼らの業界ノウハウ、製造技術と当社の通信インフラ、ICTの技術力を融合することで、製造業・建設業が直面する種々の課題の解決、さらには業界の変革と新たな価値創造に挑んでいます。

現場作業者と遠隔地の支援者をつなぐICTソリューション

田辺工業との提携当初からウェアラブルカメラを活用した映像コミュニケーションの研究開発を推進しており、カメラを装着した現場の作業者と、オフィス等の遠隔地にいる管理者・監督者、熟練技術者を通信システムでつなぎ、映像・音声のリアルタイムコミュニケーションを実現するソリューションを開発しました。遠隔地にいる熟練者は現場の状況を瞬時に把握し、刻々と変化する状況に応じて指示を送れるため、作業支援・管理が効率化できる他、経験の浅い作業者は現場での不明点について即時に指示を仰げるため不安が軽減します。多地点での接続が可能で、複数の支援者と作業者が通信でき、工事の広域化・複雑化といった問題にも効果を発揮します。

新型コロナウイルス禍を契機にリモートが日常的になる等、働き方は一気に変容を遂げつつあります。本ソリューションをとおして製造業・建設業の発展に寄与し、より豊かでスマートな社会の実現に向けた通信インフラやICT技術を基盤に積極的に協業を図りつつ、デジタルトランスフォーメーションを推進していきます。

皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。