札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 臨床検査科 > 血液検査部門


血液検査部門

血液に含まれる血球の数の測定や、血球形態の分類、血液の固まりやすさを調べる検査を行います。また、血液検査の範疇ではありませんが、ピロリ菌の呼気試験も行っています。

使用機器及び主な検査項目

XN-3000、XN-1000(多項目自動血球分析装置)

血液の代表的な成分である、赤血球、ヘモグロビン、白血球、血小板などを測定し貧血や感染症、血液疾患などのスクリーニング検査をします。

検査項目 説明
白血球 炎症や細菌感染で増加します(体を細菌などから守る働きをします。)
赤血球、ヘモグロビン 赤血球中のヘモグロビンは体中に酸素を運ぶ働きをしています。減少することを貧血といいます。
血小板 出血したときに血を止める働きをします。極端に少なくなると、あざができやすくなったりします。

好中球好中球

リンパ球リンパ球

血小板血小板

SP-10(塗抹標本作製装置)

スクリーニング検査で白血球や赤血球などの血球成分に、数や形態的な異常が疑われた場合、血液の標本を作製し染色して顕微鏡で観察しますが、その標本の作製、染色を自動で行います。

CS-2000i(全自動血液凝固測定装置)

専用採血管で採血した血液から血球成分を取り除いた血漿と呼ばれる上澄みを検査し、血液の固まる機能や、エコノミークラス症候群などで有名な血栓の原因となる異常がないかなどを検査します。

検査項目 説明
プロトロンビン時間(PT)、
活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)
手術前などに血液の固まりやすさを調べる検査です。PTは肝臓の働きやワーファーリン治療の指標にも使われます。
フィブリン分解産物(FDP)、
Dダイマー
血管内で作られた血栓が溶解したもので、高値になると血栓の存在が疑われます。

Quick eye-8(自動赤沈測定装置)

血液を入れた採血管を垂直に立てて、1時間、2時間でどのくらい沈むかを測定します。

検査項目 説明
赤沈 炎症や貧血があると赤血球が沈むのが速く(亢進)なります。

UBIT(尿素呼気試験)

胃のピロリ菌感染の有無を調べる検査です。

検査項目 説明
UBIT(尿素呼気試験) ピロリ菌は正式には“ヘリコバクタ−・ピロリ”と呼ばれ胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃癌などの原因のひとつと考えられています。 この検査はユービット錠という薬を飲む前と飲んだ後に、呼気バックに息を吐いてもらい、それぞれの呼気バック中の炭酸ガスを解析する非侵襲的な検査です。

骨髄検査

血球の数や形態に異常がみられ、血液疾患が疑われる場合に行われます。
骨髄液の採取は医師が行いますが、採取された検体は迅速に処理しなければならないため検査技師が病棟等に出向して検体処理を行っています。
採取後は速やかに標本を作製し各種染色を実施して、顕微鏡で観察しています。
標本観察は血液専門医と一緒に行っています。

白血病細胞白血病細胞

骨髄腫細胞骨髄腫細胞