札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 臨床検査科 > 病理・細胞診検査部門


病理・細胞診検査部門

病理・細胞診検査室では、病変となる組織や細胞を顕微鏡で観察し、「癌」などの病気を診断する検査を行っています。当院では、病理診断を行う常勤病理専門医2名(うち細胞診専門医2名)と病理診断に必要な標本を作製する臨床検査技師4名(うち細胞検査士3名)が勤務しており、下記の3つの業務を主に行っています。

病理組織検査

手術や内視鏡検査(胃、大腸など)で摘出された臓器やその一部について悪性の腫瘍などの有無を肉眼的、顕微鏡的に検査します。また、炎症の程度を評価したり、原因の究明も行います。採取された臓器や組織は臨床検査技師が特殊なパラフィンに包埋して固化し、それを数µmに薄く切り、目的に応じた染色を行って病理組織標本を作製します。病理専門医はこの標本を顕微鏡で観察して診断をします。結果は主治医に返され、今後の治療方針が決定されます。
手術中に採取された組織の一部を緊急で検査する場合もあります(術中迅速診断)。その場合は、特殊な方法で迅速に病理組織標本を作製し診断を行います。その結果は手術室に速やかに報告され、手術方法や今後の治療方針に役立てられます。
内科や外科、放射線科の医師との症例検討会も定期的に行われており、相互理解や情報交換に努めています。

胃癌-HE染色胃癌-HE染色

前立腺癌-AMACR染色前立腺癌-AMACR染色

細胞診検査

病理組織検査は組織の塊を検査対象にしますが、細胞診検査はバラバラの細胞が検査の対象になります。材料としては尿、喀痰、胸水、腹水、気管支や子宮の擦過物などが用いられます。また、乳癌や甲状腺腫瘍を疑う場合は、体表から触れる腫瘤に細い針を刺して細胞を集めることもあります。これらの材料はスライドガラスに塗布され、短時間で固定と染色がなされます。標本は複数の細胞検査士によって観察され、悪性が疑われるものは細胞診専門医と共同で最終診断を行います。
病理組織検査と比較して患者さんの負担が少なく、簡便で且つ結果が早く出る特長があります。

HPV感染細胞-Papanicolaou染色HPV感染細胞-Papanicolaou染色

肺癌細胞-Papanicolaou染色肺癌細胞-Papanicolaou染色

病理解剖

不幸にして患者さんがお亡くなりになった際、ご遺族承諾のもと、病理解剖をさせていただくことがあります。解剖の結果は、病院内の剖検検討会で報告され、生前の病態や治療法などを含めて検討し、今後の医療の発展に役立てています。

実績(2017年1月〜12月)

病理組織診断 6,006件
迅速組織診断 181件
細胞診断 6,152件