札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 臨床工学室


臨床工学室

当院の臨床工学室について

現代の医療現場は多種多様な高度医療機器で溢れています。このような高度医療機器を用いた診療、または治療を安全に行えるよう、臨床工学技士は医学的知識、工学的知識の両方を兼ね備えています。各分野の専門学会が主催する認定士を取得し、その知識をフルに発揮し、高度医療機器(生命維持管理装置)の操作および保守点検を行うことを業務としています。当院は総合病院であり、多様な診療科にさまざまな医療機器があります。また、医療の進歩、医療機器の進化はめざましく、日々最新の情報を入手するようにしています。そうして機器の特徴、操作方法、異常時の確認方法、故障時の修理方法等を熟知することでいつも安全な治療を行うことができ、万が一異常が発生した場合には、すばやく対処が出来るようにしています。

業務概要

血液浄化業務

透析技術療法認定士取得者による人工透析装置及び透析管理システムの保守・管理・操作のほか、透析液の清浄化に取り組み、オンラインHDF、無酢酸透析(AFBF)を含むより良い透析療法の提供に努めています。また、持続緩徐式血液濾過透析、腹水濾過濃縮再静注法、血漿交換療法、吸着式血液浄化療法、血球成分除去療法等の血液浄化療法を臨床現場へ提供しています。

体外循環業務

心臓を停止させて行う心臓外科手術において必要不可欠な人工心肺装置をはじめ、体外循環補助装置である経皮的心肺補助法(PCPS)や大動脈内バルーンパンピング法(IABP)を体外循環技術認定士取得者により臨床現場へ提供しています。

医療機器管理業務

医療機器による医療事故を未然に防止するため、ME二種技術認定士取得者により人工呼吸器をはじめ、輸液ポンプ、シリンジポンプ、除細動装置、電気メス、血液ガス分析装置等の医療機器の保守管理を行っています。また、各メーカー主催のメンテナンス講習会や研修会に参加することで、トラブルに対し院内で速やかに対応できるよう技術を習得しています。

手術室業務

心臓血管外科、外科、産婦人科、整形外科、眼科等の手術に立会い、医師の指示の下にレーザー治療装置、自己血回収装置、鏡視下手術装置等の操作を行っています。

心臓カテーテル検査業務

狭心症などの循環器疾患に対処する冠動脈造影(CAG)や経皮的冠動脈形成術(PCI)等で、心電図監視や血管内超音波装置(IVUS)の操作を行なっています。

ペースペーカー業務

心臓カテーテル室での新規ペースメーカー埋め込みにも携わっており、挿入後の病棟での機能チェック、また定期的に行うペースメーカー外来にも対応しています。

  • その他にも、病棟の巡回業務や睡眠時無呼吸症候群検査業務等、幅広い業務を行っています。
  • 当臨床工学室は夜間休日待機当番技士を設定し、24時間、緊急の治療や手術に対応できる体制をとっています。

設備紹介

臨床工学室が管理する高度医療機器の一部

経皮的心肺補助装置
経皮的心肺補助装置

血液浄化用装置
血液浄化用装置

持続緩徐式血液ろ過透析装置
持続緩徐式血液ろ過透析装置

自己血回収装置
自己血回収装置

小児用人工呼吸器
小児用人工呼吸器

人工心肺装置
人工心肺装置

成人用人工呼吸器
成人用人工呼吸器

大動脈内バルーンポンプ
大動脈内バルーンポンプ