札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 輸血センター


輸血センター

当院の輸血センターについて

輸血療法は、血液中の足りなくなったり、働きが悪くなった様々な成分(赤血球、血小板、凝固因子、及びアルブミンなどの蛋白)を補充する治療法です。大きく分けて自分自身の血液を事前に採血し保存しておき手術中に輸血する自己血輸血と、血液センターなどで献血された他人の血液を輸血する同種血輸血がありますが、それぞれにある一定以上のリスクがあり、それらを検査、及び管理し、安全で適正な輸血療法が行われるようにするのが輸血センターの役割になります。
当院は輸血療法に特化した病院機能評価である日本輸血・細胞治療学会のI&A認証施設となっています。このことは患者さんにとって、より安全で適正な輸血療法がなされるための体制が整えられているということを全国基準で認められたということであり、それを支えているのが輸血センターとなります。

業務概要

  • 輸血用血液製剤およびアルブミン製剤の一元管理
  • 自己血輸血の管理(採血、製剤、検査)
  • 院内輸血実施状況の把握
  • 輸血副作用発生状況の把握と発生時の対応
  • 輸血前血液の保存
  • 輸血検査の24時間実施
  • 遡及調査対応
  • 輸血関連情報の発信
  • クリオプレシピテート製剤(血液凝固因子濃縮製剤)の院内調整
  • 輸血管理料T 算定
  • 輸血適正使用加算 算定
  • 貯血式自己血輸血管理体制加算 算定
  • 日本輸血・細胞治療学会 I&A認証施設
  • 輸血責任医師:西尾充史(学会認定・自己血輸血責任医師)
  • 認定輸血検査技師:1名

実績

診療科別輸血製剤使用単位数

[単位:件]
  赤血球製剤 血漿製剤 血小板製剤 自己全血液 診療科別合計
リウマチ膠原病内科 48 4 0 0 52
眼科 0 0 0 0 0
外科 174 94 0 0 268
血液腫瘍内科 1,278 204 8,440 0 9,922
呼吸器内科 66 6 80 0 152
産婦人科 132 22 40 347 541
耳鼻咽喉科 0 0 0 0 0
循環器内科 62 0 0 0 62
小児科 18 0 0 0 18
消化器内科 408 28 15 0 451
心臓血管外科 522 386 485 0 1,393
腎臓内科 72 2 15 0 89
整形外科 194 0 0 61 255
精神科 0 0 0 0 0
糖尿病内科 2 2 0 0 4
透析センター 40 330 0 0 370
泌尿器科 78 0 305 0 383
皮膚科 0 0 0 0 0
麻酔科 212 104 80 0 396
製剤種別合計 3,306 1,182 9,460 408

輸血用血液製剤の管理(北海道赤十字血液センターから供給されます)

赤血球濃厚液

赤血球液

いろいろな原因で赤血球が不足している貧血の状態で用いられ、体中に酸素を補給します。
保存温度 2〜6℃

新鮮凍結血漿

新鮮凍結血漿

血液の中の凝固因子という出血したときに血を固める働きをする蛋白の量や活性が低下したときに用いられます。
保存温度 -20℃以下

濃厚血小板

濃厚血小板

出血を止めるのに必要な血小板という血液中の細胞が足りないときに用いられます。
保存温度 20〜24℃(室温)

血漿分画製剤

アルブミン

アルブミン

保存温度 室温

自己血輸血

自己血バッグ

自己血バッグ

自己血輸血は副作用の少ない安全な輸血として待機的手術で行われています。採血された自己血は手術日まで専用の保冷庫で保管され、直前に血液型と交差適合試験の検査が行われた後、使用されます。

輸血検査

輸血検査

輸血検査

輸血検査はコンピュータシステムと接続された全自動検査装置(ORTHO VISION :ORTHO社)で行っています。

コンピュータによる管理体制

コンピュータによる管理体制

患者さんの血液型や輸血歴、および血液製剤の管理、医師からの輸血オーダーの処理などはすべてコンピュータシステムで行っています。

血液の成分

体の中を巡っている血液は赤血球、白血球、そして血小板といった細胞とそれらを浮かべている血漿という液体(様々な大切な蛋白などが溶けています)から出来ています。

血液型の仕組み

ABO血液型は、A型、B型、O型、そしてAB型の4種類がありますが、それぞれ血液型を決定する抗原というものが赤血球上にあり、また血漿中には自分が持っていない抗原と反応する抗体を持っています。O型の赤血球はA抗原もB抗原も持ちませんので、緊急時には救命を優先して他の血液型の患者さんに輸血することがあります。
ABO血液型の他に、よく聞く血液型としてRh血液型(アールエッチ)がありますが、これは赤血球上のRh(D)抗原の有無をみているもので、日本人の99.5%がRhプラス(持っている)です。

スライド法

ABO血液型の反応の様子です。

ちょっとコアな血液型の話

患者さんによっては、より詳しい検査が必要な場合があります。それらも考慮してそれぞれの患者さんにあった安全な輸血製剤を準備します。

スタッフ紹介

氏名 瀧上 剛(たきがみ こう) 瀧上 剛
役職 部長
専門分野 心臓血管外科全般、血管外科全般
資格 心臓血管外科 専門医
日本胸部外科学会 専門医
日本外科学会 指導医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
心臓血管外科修練指導者
臨床検査技師 2名