札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 看護部


看護部

部長あいさつ

看護部長 坂上 真弓

看護部長 坂上 真弓

NTT東日本札幌病院は、地域中核病院として急性期医療を担っています。「患者様との信頼関係を大切にし、地域に密着した思いやりのあるより良い医療を行います」という病院理念のもと、多職種が協働して患者さん中心のチーム医療を実践しています。

看護部は、看護理念に基づき、「互いに学び支え合う職場環境の中で良い病院イメージを発信する看護を追求する」「看護の心の柔らかさ逞しさで自らが考え行動する」を柱とし、医療チームの中で看護の役割を最大限発揮できる看護師の育成に取り組んでいます。私たちは、いつも患者さんの傍らに寄り添い、その声に耳を傾ける看護の姿勢を大切にしていきたいと考えています。

当院を利用される患者さんご家族に満足頂くことは勿論、働く職員も遣り甲斐を持ち生き生きと働ける職場環境を目指しています。

外来看護病棟看護認定看護師教育採用について

NTT東日本札幌病院の看護理念

  1. 看護職者一人ひとりが、NTT東日本札幌病院の代表者としての自覚を持ち、地域中核病院として地域住民の医療のニーズに応え、患者のQOLを尊重した質の高い看護を提供する。
  2. 看護の主体業務・専門性を大切にしながら、医師や他職種とのチーム医療を効率的に推進し、病院の発展性と安定性を追求する。
  3. 専門職業人として、常に質の高い看護が提供できるように自己研鑚に努める。また、「協働する仕事」を通して、一人ひとりが成長し自己実現に向かうことができる。

NTT東日本札幌病院看護部が求める看護師像

  1. 確実で安全・安楽な看護技術を持ち、急性期医療に対応できる
  2. 優しさと思いやりを持ち、前向きに創意工夫し患者さまの自立を援助できる
  3. 公平・平等・柔軟な思考を持ち、自律的にチーム医療を推進できる
  4. 倫理観と根拠に基づいた看護実践を行い、専門職業人として自立できる