札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 外科 > ストーマ外来


ストーマ外来

当院のストーマ外来について

  • 人工肛門、人工膀胱などのストーマをお持ちの方の専門の外来です。
  • ストーマは手術後に大きさが安定するまでに数カ月かかります。また、体型の変化によってストーマ装具が合わなくなったり、ライフスタイルの変化によってケア方法を変更する必要がある場合があります。合っていない装具を使用していると、排泄物のもれや皮膚のただれの原因になることがありますので、定期的に受診されることをお勧めしています。
  • ストーマ専門外来では外科医師や泌尿器科医師、皮膚・排泄ケア認定看護師がおり、ストーマやケアに関するご相談をお受けしています。
  • 当院以外で手術をされた方は、紹介状をご持参していただくようお願いいたします。

対応症状・疾患

対応症状(こんな症状の時)

  • 装具を貼っている皮膚がかゆい
  • 装具を貼っている皮膚が赤くなっている
  • 装具が使いづらい
  • 排泄物がもれる
  • ストーマケアに不安がある
  • ストーマやストーマに関する生活上のことで相談したい

外来担当医表

 
午前       伊藤 直樹
(ストーマ外来)
 
午後     山田 秀久
(ストーマ外来)
   

※印の付く専門外来は、事前に予約が必要です。

※担当看護師:朽木 恵美(皮膚・排泄ケア認定看護師)
※ストーマ専門外来は予約制となっております。受診希望の際はお電話でご相談ください。

その他

  1. 受診の際は普段使用しているストーマ装具を交換用として1回分お持ちください。
  2. 受診には外科もしくは泌尿器科の受診手続きが必要です。外来受診料のほかに在宅療養指導料、処置料がかかります。
  3. ストーマ専門外来ではストーマに関する相談のみを受けさせていただいております。ほかの病院に通院中の方は疾患の治療については通院されている病院で継続されることをお勧めします。